スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本女子バレーボール~世界一に挑戦【ワールドグランプリ2014】

リオ五輪で「世界一」を目指す全日本女子バレーボールチーム。オリンピックの2年前は本格始動の年だ。2014年最大の目標は前回大会で3位になった世界選手権だ。

まずは毎年夏恒例のワールドグランプリ。日本過去最高位は4位だ。

開催国(ファイナルの会場は有明コロシアム)なので予選の結果は関係ない。世界ランキング12位まで入ったグループ1で「MB1進化系」の実戦投入と調整ができた。

戦術と動きが徐々にかみ合い4勝5敗、予選7位ながらも後半は4連勝でファイナルに臨むことになった。2014年の全日本女子のテーマは「世界一に挑戦」だ。

World Grand Prix 2014 Final
世界ランキング順(Final進出理由)
1位 ブラジル(グループ1・1位)
3位 日本(開催国)
5位 中国(グループ1・2位)
6位 ロシア(グループ1・4位)
11位 トルコ(グループ1・3位)
22位 ベルギー(グループ2・1位)

「MB1進化系」とは超攻撃型フォーメーションだ。従来のバレーのポジションとフォーメーションを覆しセッター1名、アタッカー5名で配置される。ミドルブロッカー2名の代わりに得点力のあるアタッカーを使う。

身長が低く、パワーがない日本選手のデメリットを無効化するための逆転の発想だ。

アタッカーはレセプションとアタックをする「パスヒッター」と「ポイントゲッター」で役割分担される。0テンポの動きだしでポイントゲッターのシンクロ攻撃が基本だ。セッター以外にパスヒッターがラリー中にトスを上げる。

加えてロンドン五輪に向けた4つの世界一も追及を止めていない。サーブ、レセプション、ディグ、ミスの少なさだ。

現時点で目に見た効果は、
①予選最後の中国戦で控え組が出場し平均身長16㎝差を覆し3-1で勝った。
②昨年MB1を導入後からアタック決定率で日本人が上位に入るようなった。
 2013グランチャン:新鍋、ベストアタッカー賞迫田、2014WGP予選終了時:長岡2位
③パスヒッターとなった木村が予選でレセプション成功率で断然1位にいる。
④MB不在にも関わらずブロックによる得点が増えている。
⑤ポイントゲッター(本来のウイングスパイカー)によるセンター攻撃(Bクイック)が決まり始めた。

期待と不安が入り乱れるファイナルは8月20日からスタートする。

08月20日(水)第1日 19:05 57 日本 - ロシア
08月21日(木)第2日 19:05 60 日本 - トルコ
08月22日(金)第3日 19:05 63 中国 - 日本
08月23日(土)第4日 19:05 66 日本 - ベルギー
08月24日(日)第5日 19:05 69 ブラジル - 日本

「最強の弱者」を目指す私にとって最高の学習材料になること間違いなし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。