スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立天文台の丘と森【国分寺崖線フィールドワーク】

国立天文台の丘と森(三鷹市)
国立天文台の丘と森。東京都下の三鷹市に広範囲の雑木林が残されている。国立天文台のおかげだ。台地の標高は55~56m、崖下は39m台、高低差16m強と鮮明に武蔵野段丘と立川段丘を切り分けている。
国立天文台の丘と森(三鷹市)
湾曲する国分寺崖線と崖線に切れ込んだ大沢の谷が先端部を岬(鼻)の形状にしている。
三鷹市大沢-001
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。