スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上から消えた駅と線路【国分寺崖線フィールドワーク(番外編)】

調布駅地下化20140614の状況1
駅と線路が地上から消えていた!人生のある時期を過ごした光景がないという虚無感よ。駅舎はすでになく北口と南口広場がひとつになった。

2003年から続けられた京王線「柴崎駅~西調布駅」間と相模原線「調布駅~京王多摩川駅」間の道路と鉄道の立体交差事業。
調布駅地下化20140614の状況2
これにより18カ所の踏切道解消と8カ所の都市計画道路の立体化が実現される。結果として国領駅、布田駅、調布駅が地下化に。

便宜が良くなる反面、風景が消える虚しさが同居する。今の風景は過渡期にある。相模原線と京王線が分かれるところに線路がない違和感を

消化できないでいる自分がここに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。