スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布多天神社と布田の歴史【国分寺崖線フィールドワーク】

布多天神社
調布の布多天神社。創建年不明で延喜式神名帳(927年)にも載る古社。調布駅を出て旧甲州街道を渡ると布多天神通りがある。
布多天神通り
元々は現在地から1.6kmほど徒歩で南下した古天神公園の所にあった。15世紀後半の多摩川の氾濫で現在地へ移転され菅原道真が合祀された。
布多天神社
布田ば高校時代に裏道探索し怪しい風俗店を見付けドキドキした町。布田五宿があった場所で長州征伐の際に軍資金5千両を献上した見返りに女郎屋が置かれる。太平洋戦争後にも赤線ができた。

甲州街道沿いの町ゆえに歴史がある所だ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。