スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリバチ懇談会スピンオフ【2014年2月大雪シリーズ】(2)

人の縁とは有難いものです。スリバチ懇談会の日が丁度20年振りに東京に大雪が降った日でした。日暮里・舎人ライナーは止まり帰れなくなりました。

数少ない喫煙者同志、吹雪の中で外で煙草を吸った縁から家に泊めてもらうことになりました。
2014年2月8日深夜 新橋
懇談会終了後に膝ほどに積もった暴風雪の中を数人で駅に向かい歩いて行きました。

丁度乗り換え地点になった新橋で飲もうという話になりました。室中は温かく酒が回ったためかほとんど覚えていません。6人ほどいたと記憶しています。雪が降り続ける外に出てからの記憶は残っています。

電車が動いている人は家路へと向かいました。
2014年2月8日深夜 雑司ヶ谷墓地
護国寺の駅に到着し駅で誰かが落としたニットの帽子をかぶり雑司ヶ谷墓地の方向へ歩きました。雑司ヶ谷と言えばスリバチ地形で有名ところ。歩かない訳に行きません。

残念なことに雪が深過ぎて中へ入ることはできませんでした。
2014年2月9日深夜 雑司ヶ谷墓地
家に到着するとすぐに飲みが始まりした。丁度、ソチ五輪が開催中だったのでテレビでは上村愛子のモーグル決勝が放映されていました。結局、朝まで飲み明かしました。

朝方まで色々な事を話しをしていました。
2014年2月9日深夜 雑司ヶ谷墓地
起きるともう昼。昨晩の雪で着飾った雑司ヶ谷墓地が青空の下にありました。スリバチ状に窪んでいく地形がはっきりと分かりました。有名な大勝軒でラーメンを食べお礼を言いスピンオフ会は解散となりました。

都電荒川線の線路は除雪したのでしょう、雪は少ししか積もっておらず普通に動いていました。
2014年2月9日深夜 都電荒川線
後でよくよく考えてみると色々な偶然が何重にも重なりました。私がスリバチ学会のイベントに参加するようになり、喫煙者ということで意気投合し、イベントの日に雪が降り、電車が止まり、泊めさせていただきました。

家まで泊めてもうらことは滅多にありません。大変有難いことでした。

会話の中から色々なヒントをいただきました。文章のプロ相手に色々な質問をぶつけてみました。その中で「学者じゃないだから」と言われたことが響きました。

私はいつも根拠をしっかりして理路整然としていないとダメだと思ていました。

しかし、発信者は立ち位置が変われば学者の様に事実を積み上げて結論を出すことよりも大切なことがあると気付かされました。それはメッセージの発信です。

共感を生まれ誰かの迷いが取れたり行動を生む原動力になれば文章が何らかの役割を果たしたことになります。

街歩きでも本業でも時に人を楽しくさせ行動を変えたり起こす切っ掛けを作れる表現者であり指導者なれればと思える様になりました。実際、学者じゃないし…。

偶然の連鎖から起きた縁の不可思議から「気付き」でした。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。