スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的豪雪を群馬県沼田市で迎え【2014年2月大雪シリーズ】(3)

桜なんてどうでもいいや!桜の季節に大雪の記事を書いているとそう思ってしまいます。パソコンの画面は歴史的な降雪の記録で埋め尽くされています。

2014年2月15日の深夜から降った雪は群馬県で観測史上最大でした。
2014年2月14日沼田市
関東地方を襲った記録的豪雪を群馬県沼田市で迎えました。前の週は東京で20年ぶりの大雪が降り関越自動車道路の練馬と水上間が通行止めになるという異常事態が起きていました。

野生の勘が「雪が降る前に現地へ」とささやきました。金曜日の時点では毎年何度か見る程度の雪しかありませんでした。
2014年2月15日沼田市
夜になり雪は勢いを増していきました。ウォーキング中いはシャーベット状の雪が顔にあたり激痛を覚えました。メガネは凍り付き歩道は積もった雪でまともに歩ける状態ではありません。

翌日に窓を歩けると不思議な空間が広がっていました。「何んだこの小山は?」
2014年2月15日沼田市
すぐに駐車場に止めてあった自動車だと気付きました。車高の倍以上の高さになっています。道と駐車場の境が全く分からない状態です。人生で初の体験に驚きながらも客観的且つ冷静に見ている自分がいました。
2014年2月15日沼田市
15日にもウォーキングをしました。スコップを買わなければ!歩道は積雪で使えない状態で車道を歩くしかありませんでした。店は閉っていました。ウォーキングがてらに街を散策することにしました。
2014年2月15日沼田市
車はまばらでスタックした車も見かけました。市の除雪車が雪にはまった軽トラックを出していました。セブイレブンの駐車場はきれいに除雪されていたもののオニギリやサンドイッチはありません。
2014年2月16日沼田市
16日もスコップを探しに車道を歩き店まで行きました。品切れ状態でした。翌日には仕事に行かないとなりません。途方に暮れていると外で人の声がしました。レオバレスと地域住民が雪掻きを初めていました。
2014年2月16日沼田市
私も参戦しようと外に出ました。しかし、スコップはありません。道具がないとただの役立たず。途中からはスコップ担当を変わり道や駐車場を通れるようにして行きました。

地元の年寄りが「こんなに降ったのは初めてだ」と言っていたのが印象的でした。
2014年2月17日沼田市
駐車場、道路の雪はどうにか除去され車が出せるようになり月曜日には無事仕事へ行くことができました。地域コミュニティーによる共同作業の賜物でした。行政機関は裏道まで手が回らない状況でもありました。

人生初の大がかりな除雪作業を体験して多くを学びました。

中には参加しない人もいたり違法駐車の車が障害になったりと様々な問題もリアルに体験できました。雪の逃がし場所が何しろ一番の問題でした。重労働であり交通網の遮断は死活問題にもなり兼ねません。

以前から雪国で起きる揉め事について聞いていました。実際に体験して普段からの準備ができていないと揉める要素はいくらでもあると理解できました。

雪の逃がし場所、除雪道具、役割分担、それらを包括するルールと地域コミュニティーの交流です。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。