スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪のスリバチ懇談会【2014年2月大雪シリーズ】(1)

季節感がないとよく言われます。冬なのに紅葉だったり春のなのに大雪の記事だったりと四分の一周遅れてアップしています。外は桜が満開の中でもこころは暴風雪の中です。

2014年2月8日。都心での大雪は過ぎし日の出来事となっていると思います。
2014年2月8日銀座四丁目 大雪
この日はスリバチ懇談会の日でした。銀座四丁目から佃島へ歩いた後に高層マンションの最上階で懇談会が開かれました。悪天候にも関わらず参加者は二桁を超え暴風雪の中を歩き通しました。

この日の東京都の積雪量は最深部で27㎝あったそうです。
2014年2月8日銀座四丁目 大雪
昼過ぎの時点では降雪量が増して来ました程度で傘をさして歩けました。次第に風は強まり夜にはブリザードと雪国さながらの風景でした。電車が止まるかもしれない中で半ば片道切符の参加者たちでした。
スリバチ懇談会20140208
街歩きをする人は天候をもろともしないタフさがあります。男女比はほぼ半々でした。誰一人として音を上げず日本の未来は明るいと感じました。これくらいの雪で止まるのは電車だけいい!

ちなみにGPSは新富町辺りからONしました。いつも忘れてしまうんですよね…。
20140208スリバチ懇談会
築地界隈を蛇行しながら歩いていた時に撮った写真です。普段は殺風景な都心ですが路地は味わいがあります。雪が降るとさらに情緒があります。この写真に写っている木造のお店は有名人と関係がある…覚えていません。
20140208スリバチ懇談会
写真撮影は一苦労でした。何しろ雪がシャンシャンと降りしきる中だったのでレンズがすぐに濡れます。ここは都会の窪地、築地川東支流跡です。地図にはこの先が築地川公園となっています。聖路加病院が右奥に見えます。
20140208スリバチ懇談会
佃橋超えです。隅田川は風の通り道でもあるので風速が一気に上がり雪が顔面に突き刺さります。雪には慣れていますが暴風雪となれば話は別です。この凍える寒さの中で景色を楽しめる見事な一団でした。
20140208スリバチ懇談会
佃島に到着して町中に入ると人の姿はまばらです。店は開いている様でしたが客はいませんでした。言葉し難い味わいのある風景です。街歩きとして初めて訪れた佃島が大雪の日とは幸運だったのかもしれません。
20140208スリバチ懇談会
佃住吉神社に到着した頃に雪はさらに激しくなってきました。狛犬さんも雪を被り目隠しされています。1590年に家康公が佃(摂津国)の漁夫33人を一緒に江戸に連れて来ました。

彼らは干潟を築島へ作り替え故郷の佃を島の名前としました。神様も一緒に連れて来ました。佃住吉神社は1646年に住吉三神、神功皇后、徳川家康の御霊を祀った事が起源となっています。
20140208スリバチ懇談会
佃島と言えばこの船溜まりの風景です。テレビでも何度か見た記憶があります。古い町並みとURの高層住宅が混じった不思議な光景ですが大雪の日ともなればまた一段と違った味わいを醸し出します。
20140208スリバチ懇談会
一団から離れてそそくさと訪れた場所がありました。細い路地にある「佃天台地蔵尊」です。室内に天然石で彫られたお地蔵様がありました。昔から子供たちを水難から救ってきたと伝わるお地蔵様です。
20140208スリバチ懇談会
この写真を撮った時点でレンズもカメラもびしょびしょでした。だからこれが最後の一枚です。電源をOFFにしておいたのでカメラを壊さずに済みました。

この後は余りにも豪雪のためバスでの移動に切り替えて会場まで移動しました。途中で食料を調達してたり即興チームでどうにか会を盛り上げることができました。

手作り感満載の懇談会でした。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。