スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の東京都北区立中央公園【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑯

秋の公園というのはフォトジェニックです。東京都北区立中央公園は癒しの空間として1976年に開園されました。しかし、それ以前はきな臭い歴史の一部でした。
東京都北区中央公園
1905年から1971年まで軍の施設が置かれていた場所です。今でも北側には陸上自衛隊十条駐屯地があります。最初に置かれた軍事施設は1905年の東京砲兵工廠でした。

後に東京第一陸軍造兵廠と呼ばれた兵器工場で精器製造所、銃砲製造所、火具製造所がありました。1945年の敗戦で施設は廃止になりますが1947年に米軍に接収されました。
東京都北区中央公園
1958年に一部が返還され翌年に陸上自衛隊十条駐屯地ができました。ベトナム戦争中は王子野戦病院が設立され負傷兵が受け入れられていました。

1971年に住民の願いが叶い返還され、1976年に北区中央公園として開園しました。1981年には中央公園文化センターが東京第一陸軍造兵廠本部跡に作られました。
東京都北区中央公園
最近では2008年に公園北部に赤レンガ図書館として知られる中央図書館が王子から移転して来て文教地区の色合いを深めています。市街地化されなかった広い敷地を活用して学校、病院、文化施設が集中します。

十条富士見中、東京成徳短大、都立王子特別支援学校、北療育医療センター、障害者総合スポーツセンターなどです。軍事と文教という相反する要素が時間軸を超えて同居するエリアとも言えます。
東京都北区中央公園
地形としては石神井川の浸食により削られた武蔵野台地の法面から台地上に登り切る辺りに位置しています。緩やかな斜面が公園内を歩くと感じられます。

妙な小山を公園内で見かけました。盛土でしょうか?それとも台地を崩しているのでしょうか?長きに渡り軍事施設だったことを考えれば土地改良が行われたとしても不思議ではない地歴があります。
東京都北区中央公園
明治43年(1910年)の陸地測量部の地図を見ると当時の等高線が分かります。現在の標高と比較すると一部に改変されている程度で元々高い部分は今も高いままでした。

現在の運動場がある辺りは当時から標高が一段低くなったところでした。鉄砲製造所内から水の流れが地図に描かれており石神井川まで流れが続いていました。
kitakuchuopark-002.jpg
次は水が流れただろうと思われる辺りを確認します。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。