スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男滝と女滝~名主の滝(前篇)【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑥

スラッシュ!滝の清涼感に心癒されます。フィールドワーク一行は名主の滝公園に到着すると自由行動になりました。滝を堪能する人、歩き回る人と好き好きに公園を堪能しました。
名主の滝公園(北区)
12月初旬の公園は紅葉に包まれていました。園内に入りもみじの向こうに見えた水しぶきが印象的でした。とりあえず男滝(おたき)へ向かいました。
名主の滝公園(北区)
滝を滝らしく撮ろう!そう思いシャッタースピードを可能な限り落としました。手ぶれのない様に石にカメラを固定して撮影しました。
男滝 名主の滝公園(北区)
シャッタースピード1/4秒、f8、ISO100で撮影しました。どうにか滝らしく水の線を描くことができました。三脚とレリースがあればより幻想的に仕上げられたかもしれません。
崖線 名主の滝公園(北区)
男滝で粘った後、滝上へ続く道を登りました。十条台の崖線をリアルに体感できる場所です。標高9mの滝下、標高20mの滝上、両社の直線距離は40mある275‰の急な斜面です。
女滝 名主の滝公園(北区)
坂上の風景はかなり残念でした。景色が開けている訳ではなくただ名主の滝災害給水所があるばかりでした。崖の反対側から下りると女滝(めたき)がありました。

入り組んだ場所にある女滝には水は流れておらず枯滝状態でした。しかし、見栄えの良い男滝を差し置いて女滝が歴史的に重要な滝である事を後で知りました。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。