スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お台場の地歴へ「東京地歴発見~G空間EXPO2013」①

地形を見にお台場へ行くのは初めてでした。ビックサイト、パレットタウン、有明アリーナ、有明アリーナ、フジテレビ、…お台場の地歴に深く踏み入ることはありませんでした。

日本科学未来館で開催されたG空間EXPO2013に行きGeoエデュケーションプログラム「東京地歴再発見」に参加しました。
お台場ガンダム
谷のない埋め立て地を東京スリバチ学会の皆川会長が説明されるとあり興味深くもありました。ツアーはガンダムに始まりガンダムに終わりました。

ガンダムの高さは?第三台場の高さは?

進行はクイズ形式で行われお台場地歴に踏み込んで行きました。
G空間EXPO2013Geoエデュケーションプログラム「東京地歴再発見」
台場とはそもそも何か?黒船来航後、江戸の防衛のための洋式海上砲台です。計画では品川沖に11基になる予定でした。実際に作られたのは7基の内2基は未完成のままでした。

現存する台場は第三台場と第六台場のみです。
お台場俯瞰
個々の台場の経緯が気になりまとめてみました。

<台場と経緯>
第一台場:完成(1854年4月)川越藩
→民間に払下げ(1917年)→埋立地になり埋没(1963年)

第二台場:完成(1854年4月)会津藩
→東京市に払下げ(1934年)→撤去(1961年)

第三台場:完成(1854年4月)忍藩(おしはん)武蔵国埼玉郡
→東京市に払下げ(1915年)史跡公園→台場公園(1928年)


第四台場:未完成(7割まで進捗。御殿山下台場
が築かれる)
→民間に払下げ(1912年)造船所→埋立地になり埋没(1939年)
明治初期 迅速測図 お台場
【明治初期 迅速測図原図より~明治後期にはない砂州が見られる】

第五台場:完成(1854年11月)
→東京市に払下げ(1934年)→埋立地になり埋没(1962年)

第六台場:完成(1854年11月)
→東京市に払下げ(1915年)史跡公園


第七台場:未完成(海上を埋め立てただけ)
→撤去(1965年)

第八台場~第十一台場:未着手
お台場俯瞰アップ
海上の孤立した第六台場と13号埋立地と陸続きになった第三台場は残るべくした理由がある様です。

1、東京市に払い下げられ史跡公園になった(第三、六台場)
2、海上交通上で障害にならなかった(第二、七台場は撤去)
3、埋立地化による埋没を避けられた(第一、四、五台場は埋立地に)

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。