スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールで鍛える【写真の技術を磨く】

一瞬を捕らえる技術を磨くにはスポーツが最適です。スポーツを筋書きのないドラマと例える人がいます。まさに何が起きるか分かりません。

今回はPanasonic DMC-FZ200という600mm相当の望遠時にF2.8で撮影できるカメラをバレーボールの撮影に使用しました。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ200 光学24倍 ブラック DMC-FZ200-KPanasonic デジタルカメラ ルミックス FZ200 光学24倍 ブラック DMC-FZ200-K
(2012/08/23)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る

コンデジとしては少し大き目です。画質に文句を言わなければ望遠と広角で撮影できあらゆる場面に対応できるカメラです。

ただ、ファインダーの使いずらさフォーカスの難しさが際立ちました。

一眼レフで良いレンズを使えれば苦しみは半減するでしょう。コンデジで一眼に近いクオリティーに近づける無謀な挑戦です。
2014Vプレミアリーグ JTvsトヨタ車体
失敗作ながら可能性を残せて写真を主に上げます。この写真は絵としては面白いのですが決定的瞬間を逃しています。背景は精一杯ぼかしました。

プロの写真は基本的に観客が写っていません。また、観客が入っていても背景を極端にぼかし識別できない様に仕上がっています。

スポーツ写真は被写深度が重要です。ターゲットのみにピントを合わせ他を飛ばします。

被写体が近く背景が遠いと簡単にできます。また、一眼+望遠とコンデジとではボケ具合がかなり違うようなので機材も重要です。
2014Vプレミアリーグ 東レvs久光
機材と場所が限定された状態ならばベストを尽くすしかありません。この写真はボールをインパクトする決定的な瞬間を捕らえています。

問題はまずシャッタースピードが足りていません。次に被写体と観客席の距離が、カメラと被写体の距離より短く、背景が飛び切っていません。

また、コートの反対側を撮る場合に難しい点はフォーカスです。被写体が小さく動きは速いのでオートフォーカスだと背景にピントが合い易くなります。
2014Vプレミアリーグ 東レvs久光
工夫としてはローテンションを見てレフト攻撃があると読んだ場合はあらかじめマニュアルでピントを合わせて置きます。

スポーツにはルールがあります。競技毎にプレイの基本形と個々のプレイスタイルがあります。起こりうる事や可能性はある程度予測できます。

必要なのは対象競技の知識と観戦経験です。生観戦、TV観戦、座学、できれば自らもプレーすれば写真のクオリティーは上がるでしょう。
2014Vプレミアリーグ 東レvs久光
数手先を読むのはやはり難しいものです。バレーならスパイクレシーブの瞬間です。カメラのスペックが低いならば先回りするしかありません。

あらかじめボールが来ると予想した場所にピントを合わせおきます。

スポーツ写真家さんはプレーを読んでいると聞いた事があります。機材の良し悪し関わらず競技の知識とプレイお読みと撮影技術の三本柱は重要なようです。

なぜ、私が追及してしまうか?それは過去にあります。
2014 Woman's World Grand Champions Cup USA vs. Russia
大学時代に写真学科に在籍して毎日の様に歩いては撮り現像する生活を数年間やっていました。卒業まであと1学期という時に教授と写真について揉めて啖呵を切り辞めてしまいました。

卒業は英文科のクリエイティブライティング学科となり、それ以降、15年近くカメラは触りませんでした。

2008年になり風向きが変わりました。ブログというメディアの存在が大きかったと思います。女子バレー28年振りのメダルの可能性に気付いたのは2010年夏でした。

バレーのブログを書くときに時に挿絵として使いたいというのが当初の目的でした。機材は最低限、スポーツ写真の知識もなく簡単ではありませんでした。

それが逆に写真の深さに再びはまる原因となりました。

良い機材を購入する前に基本的な技術レベルを上げておきたいと思い取り組んでいます。バレーで鍛えている写真スキルは街歩きでも生かされます。

時に一瞬を切り取ることも求められています。百年、千年と残る町と人が融合した現代の記録を撮るためにさらに腕を磨く必要があります。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。