スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小は大を制する!【女子バレーボール2014・リオ五倫「金」の道】③

小は大を制する?平均身長差10㎝以上あるロシアを格下のタイは世界四大大会のひとつで破りました。実際に日本もロシアに勝っていますが世界ランクではロシアよりも上の3位でした。

バレーボールは高さとパワーが優位性を築きます。

<平均身長と世界ランキング>
ブラジル 183.5㎝ 1位
アメリカ 184.3㎝ 2位
日本 174.7㎝ 3位

ロシア 186.2㎝ 6位
タイ 175.4㎝ 12位

6人プレーするバレーボールはコンビネーションやスピードが高さとパワーを打ち砕くスポーツでもあります。
2014 Woman's World Grand Champions Cup Thailand vs. Russia
日本は2014年にランキング格下のタイに2度負けています。アジア選手権です。強豪中国を破り決勝に進んだタイは日本も撃破しました。

見事、アジアチャンピオンとしてグラチャンに出場する権利を得ました。

予選でも負けたので短期間で2敗でした。タイがホームだったとは言え2連敗は完敗でした。日本は結局、開催国枠の出場となりました。
2014 Woman's World Grand Champions Cup Thailand vs. Russia
タイの選手たちはジュニアの頃からずっと一緒のメンバーでプレイしているのでコンビは世界屈指です。一方、ロシアは世代交代中でチームは作りの真っ最中でした。

ロシアの20番はブロック賞を獲ったシュリャコバヤ選手で192㎝あります。

タイの13番はセッターのヌットサラ選手で169㎝あります。写真で見ると大人と子供といった感じに見えます。
2014 Woman's World Grand Champions Cup Thailand vs. Russia
小が大を制する…思い出されるのが哺乳類の進化です。恐竜の最盛期に哺乳類は誕生しました。体が小さく外敵がに囲まれた環境で細々と生きていました。

弱い立場は互いの協力、創意工夫を促します。生き残るための新たな術が生れます。
2014 Woman's World Grand Champions Cup Thailand vs. Russia
隕石の落下が気候変動が起こし大きな体の恐竜は餌の激減で絶滅したと言われています。哺乳類は小さな体が功を奏し恐竜絶滅後の世界で繁栄しました。

不利な状況というのは常にチャンスでした。バレーボールでも同様にこの原理が働いている様です。

弱い立場は同時に心の強さを育てます。基本的に負けるオッズが高く敗戦からの立ち直りを多く経験しているからです。

「生き残りたい」という気持ちが持続させてくれます。強者も常に良い状態であるとは限りません。生き物が真価を問われるのは劣勢に置かれた時でしょう。

私はこの数年、弱者であり続けようとして来ました。一番の効果は雑音が耳に入らなくなり、他と比較して自らを図ることがなくなりました。

メンタルとしては大きな成果です。シンプルに目標へ向かう事ができます。

ただ、弱いだけではやられてしまいます。結論としては何か圧倒的な武器を持つことが必要です。そのためには資金難でも工夫して育てあげる必要があります。

平均身長の低いタイと日本は高速コンビうバレーという武器を育って戦っています。体格差を埋め続けるためにはさらに発展させる日々の努力が必要です。

小は大を制することはありますが、負ける可能性があることも常に認識しなけばなりません。

そこから新たな強さが磨かれるからです。がんばれ日本!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。