スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地形を体に刻む「日吉フィールドワーク(東京スリバチ学会)」⑳

尾根道をそのまま歩かないのは普通の人から変だと思われるかもしれません。スリバチ、谷戸が好きな人達は斜面を体感する事に喜びを感じています。

東京スリバチ学会の「日吉フィールドワーク」で参加者は台地を堪能しました。
井田伊勢台
川崎市中原区井田を書いて数日が経ちました。未だに台地の名前は判明しません。井田伊勢台遺跡というのがあるので仮にこの名前で呼ばさせてもらいます。

本当の名前を知っている人がいたら是非教えてください。
矢上川沿い 生そば丸はし(川崎市中原区井田2)
矢上川沿いの渋い建築物にレンズを向けました。Mapionには「生そば丸はし」と書かれています。この後、私は大転倒しました。

ブロック塀が壊れていました。突き出た針金を跨ごうとして…。

カメラを守ろうと不自然な体制で地面に激突、生憎、小指、膝を打撲し、守ろうとしたカメラも地面に叩きつけられました。休みもなく歩き続けたツケです。
川崎市中原区井田2丁目
何はともあれカメラは復旧しました。一行は井田伊勢台の谷間を登って行きます。矢上川沿いは5.5m程度で坂上は36~37m台です。

道の水平距離は約305m、高低差を31mとすると平均勾配は約100‰と登り甲斐のある坂です。
川崎市中原区井田2丁目
徐々に勾配はきつくなります。坂が好きな人には天国のような場所だと思えました。体の調子が悪い日でも苦しいと言いつつも登ることを楽しんでいるからです。

体の痛みも登りで吹き飛んで仕舞いました。
井田病院 工事中(川崎市中原区井田)
トマソン的階段?高飛び込みの台の様に階段だけが空中にあります。尾根道沿いの井田病院は改築中です。シュール過ぎる風景が見れるのも期間限定です。

尾根道を歩いたのはほんの少しでした。
川崎市中原区井田2丁目
また下ります。平らな所は尾根を通された道と等高線に沿った道だけです。スリバチ学会らしく谷間の道を主体にコースが組まれています。

井田伊勢台の地形を体に刻むことができました。
井田2丁目の階段
時の流れが刻まれた階段です。古い段に新しい段が付け加えられた形跡を見付けました。こうした事を共有できるのもフィールドワークの醍醐味です。

普通の人にはどうでも良い話でしょう。参加者は街の機微に高い関心を持った人達がほとんどです。

私のブログタイトルの「活学問」は実際にフィールドに出てファーストハンドの情報を推奨する意味合いがあります。これは幕末の異人がやった学習方法です。

地図が読めて、勾配が分かったとしても実際に歩かないと分からない事はたくさんあります。

ただ、書物は要らない訳ではありません。実際に五感で体験した後に書物は大変役に立ちます。大事なのはむしろ復習です。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。