スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーーール! 日和山登山2、3 『新潟の町 微 地形散歩DAY2』⑩

ラストスパート!『新潟の町 微 地形散歩DAY2』は最後の直線に入りました。日和山浜第三突堤から新日和を超え坂の途中にある日和山を目指します。1日目と同様に2日間のゴールでもあります。

前日、医学町通りの北書店をスタートしてからほぼ1日が経過していました。
日和山浜第三突堤から新日和山へ(新潟市)
日和山浜から見上げる新日和山は標高にして16m台ながら立派な斜面に魅力があります。砂丘だと言う事を忘れてしまいます。そもそも、なぜ、この場所が「山」と付くのだろうか?

明治13年(1880年)に日和山頂上にあった住吉社、茶屋、櫓が焼けて砂丘の上(現在の新日和山)に日和見の場所を移転させた事がきっかけです。
日和山浜第三突堤から新日和山へ(新潟市)
浜からの登り坂は本ツアー最急勾配です。路地連新潟から提供していただいた「新潟下町あるき 日和山登山しおり」の「登山」という文字が最も際立つ場所でした。

傾斜の上方に見える日和山展望台の頂上は海抜約25mです。人工物ですがある意味山です。
新日和山と日和山の坂(新潟市) 
新日和山を越え日和山へと続く坂道を下りました。1日目のブログでも取り上げた場所で170パミールの下り坂です。一旦、斜面はほぼ平坦気味になります。

日和山付近再び標高が1.5m強ほど上がります。推測ですが道路を作る際に日和山の裾が削られたためでしょう。
日和山(新潟市)
日和山です!ゴールと言いたいろこですが、前日に裏参道から登ったので2日目は表参道からにしました。ここで執筆中にアクシデントが…先日は日和山の最高点を11.6mと書きました。

しかし、もう一度、地理院地図で小まめに標高を拾っていくと12.4mの地点が見付かりました。新潟シティガイドには12.3mと書かれています。

やはり、地図上で標高を拾うのには限界があります。精度が疑わしいものです。
日和山(新潟市)
そこで、今できる最大限の事をしてみました。今ツアー三大傾斜の比較です。表参道、裏参道、新日和山浜ルートです。地理院地図を航空写真モードに切り替えてカーブをなぞり数字を取りました。

日和山の道 勾配ランキング※
1位 新日和山(海から)
(坂下:5.3m、坂上:15.3m、距離:約30.0m=333‰)
2位 裏参道
(坂下:5.2m、坂上:11.0m、距離:約23.5m=306‰)
3位 表参道
(坂下:5.0m、坂上:10.5m、距離:約18.0m=247‰)
※精度は保証できません。

新日和山、日和山の各ポイントに実際に測量した標高が書いてあると登山雰囲気を盛り上げるでしょう。そして、新旧の山頂に正確な標高表示がされれば萌えるでしょう。
日和山(新潟市)
参道を登ると中腹には五合目、七合目の標識があります。江戸時代に江戸市民の間で盛り上がった富士塚の様です。新潟版富士塚と思いきや日和山の歴史は全く違うところにありました。
日和山(新潟市)
七合目にある碑がそれを物語っています。日和山は「水戸教発祥の地」です。宗教ではなく「水の戸を教える」仕事、つまり水先案内と海難救助をする仕事です。

江戸中期の海岸線は日和山近くにあり水戸教に就いた伊藤家が世襲で従事しました。

江戸時代後期になると海岸線は北に伸びたため、慶応元年(1865年)に水戸教の拠点は1.3㎞ほど東北の雲雀町へ移転しました。現在の水戸教公園です。昭和4年(1929年)まで続きました。
水戸教移転(新潟市)
ゴーー―ル!日和山の山頂に着きました。2日間の達成感と思い出が溢れた瞬間でした。鳥居から眼下を眺めると五合目の日和山カフェ予定地が見えます。

オープンはいつなのでしょう?
日和山(新潟市)
私が当日使ったRun Keeperというアプリによると1日目と2日目の行程は合計で9㎞以上の距離を示していました。私の場合は撮影で往ったり来たりするのでもう少し少ないかもしれません。

それ程長い距離を歩いた訳ではないのに中身は魅力ある町姿が満載でした。この回でブログは30回目です。
新潟の町 微 地形散歩2日間
住んだことのない新潟島に愛着が持てました。「新潟の町 微 地形散歩」の2日間については次回が最終回になります。一日目に日和山で撮った光景を交えて書きたいと思います。

写真を整理していると解散後に訪れた場所の写真があります。

スピンオフ企画があります。まだ、続くのか…。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。