スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟夜散歩 『新潟の町 微 地形散歩』【番外編】

麒麟山うまかった!『新潟の町 微 地形散歩』の1日目を終え夜の古町へ。居酒屋で地元の人が薦めてくれた麒麟山という日本酒が美味しく、ついついたくさん飲んでしまいました。

後で写真を見るとビックリ!八割方がブレていました。
夜の新潟市中央区(2013/9)
1日目の最終ゴール「日和山」伸びる道が古町通りでした。名前を記憶していませんが奥に座敷がある懐かしい感じの居酒屋でした。新潟の名物料理も数々食することができました。

蝦しんじょう、菊のおひたし、タレカツ丼…と私のメモに残っていました。
夜の新潟市中央区(2013/9)
酒処新潟の夜の街は期待を裏切りませんでした。旨い酒と肴がリーゾナブルに楽しめるということは何よりの贅沢です。1日目の行程にあったドッペリ坂を思い出しました。
夜の新潟市中央区(2013/9)
ドッペリとはダブる(落第)という意味の坂でうが、大学の寮から抜け出し坂を下りたがる学生の気持ちは分かります。酒、米、海鮮類と旨いものがあればこそです。
夜の新潟市中央区(2013/9)
『新潟の町 微 地形散歩』の居酒屋有志達は盛り上がり「新潟夜散歩」を臨時開催することになりました。古い料亭がある街はしめやかで見所満載でした。

写真はブレまくりでほとんど使えません。
夜の新潟市中央区(2013/9)
「うる星やつら」、「めぞん一刻」など数々のヒット作を世に排出した漫画家の高橋留美子さんは新潟市の出身です。実家が経営する駐車場がありました。

私は「めぞん一刻」に登場する数々の坂のシーンに心を奪われています。未だに同じ面影のある坂を探し街歩きを続けています。もしかしたら、まだ行っていない砂丘どこかにあるのかもしれません。

ちなみに高橋留美子さんの父も祖父も産婦人科医でした。祖父は新潟の発展に寄与した人物です。
夜の新潟市中央区(2013/9)
新潟県が産んだ有名漫画と言えば「ドカベン」の水島新司さんがいます。子供の頃に夢中に読んだものです。明訓高校のモデルは新潟明訓高等学校ですが作品上では神奈川代表です。

作品上ではさりげなく新潟明訓とは姉妹校関係という設定でした。

「ドカベン」の素晴らし点は主人公の山田太郎だけでなく殿馬一人、岩鬼正美、里中智らも十分に輝いていたことです。彼からの過去を回想するシーンに感動しました。
夜の新潟市中央区(2013/9)
最後に1989年まで新潟市役所があった場所にできた最頂部は128m、最上階は21階のNEXT21へ行きました。オープンは1993年だったので私が新潟にいた頃にはありませんでした。

19階、高さ101mには展望ラウンジがあり新潟市中央区の古町エリアと市内の繁華街を一望できます。何よりも無料なのが嬉しい次第です。新潟夜散歩の締めには十分過ぎる絶景でした。

残念ながら9割方の写真はブレて使えませんでした。

唯一ブレが少なかった写真を加工してアップします。いつ来るかは分かりませんが次に新潟で泊まることがあれば居酒屋で麒麟山をたのむでしょう。

翌朝は『新潟の町 微 地形散歩』の2日目です。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。