スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車は文化だ! 第9回珍しい車の夏祭り 道の駅いたこ

書くという行為は難しいと日々感じています。ブログを初めて5年間、毎日欠かす事なくアップし続けています。書けば書くほど自分の糧になっていく感覚があります。

ただ、自己満足ではダメ!だと思っています。

書くと言う行為には大きく分けて2種類あると考えました。
①自分から自分への発信…日記、ブレインストーミング、…
②自分から他社への発信…小説、詩、ニュース、エッセイ、…

ブログというのはWEBログから生まれた言葉だと聞いています。ログです。ログとは日記的要素と記録的要素があると思います。

log (Weblioより参照)
1 丸太.
2【航海, 海語】 測程器 《航海中の船の速力を測る》.
3a【海・空】 航海[航空]日誌.

ログは記録的な意味合いが強い言葉です。記録とは言ってもブログは読み手がいるので何かを伝えなければなりません。
珍しい車の夏祭り(道の駅いたこ)
7月13日に道の駅いたこで開催された「第9回珍しい車の夏祭り」の案内板です。すでに3ヶ月が経過しています。今さら何を書こうか?

この3ヶ月間、撮影した写真を見ながらずっと悩んでいました。

撮影した全車をアップするのには量が多過ぎる…でも、何かは残したい。とりあえず、書き始めよう!
ランボルギーニ・ミウラ
ランボルギーニ・ミウラです。一目見たいというファンは多い車種です。ちょっとユーモラスなデザインと日本人の名字の様なネーミングが影響しているのかも?

個人的にはそれほど好きな車種ではありませんが、スーパーカー世代としては思い出の車には間違いありません。
ポルシェ カレラGT V10
もしも、買うお金があるなら…フェラーリが欲しいという人が世の中に多い印象を受けています。私はフェラーリというブランドイメージは好きです。

しかし、買うならポルシェだと思っています。

ポルシェカレラGT…会場の中でこの車が一番心に訴えて来ました。V10の上品かつパワフルなエンジン音が耳の奥まで刻まれました。やはり、銀のポルシェでしょう!
ランボルギーニ・ムルシエラゴ
次にグッと来た車はランボルギーニ・ムルシエラゴでした。名前は後になって知りました。この車はランボルギーニらしくない!この車は2001年から2010年まで製造されていた車です。

何だかパワフルで速そうです。好きなタイプです。

買うなら?フェラーリ?、ポルシェ?…ランボルギーニを忘れていました。私が忘れていただけで根強いファンがいるメーカーです。スーパー世代にはやはりカウンタックが一番です!
BMW502V8
ここで忘れてはいけないのがドイツ車です。メルセデス・ベンツ、BMW…高級車の象徴のようなブランドです。道の駅いたこにはBMW502V8という1954年車種が来ていました。

今とは全く違うデザインですがデザイン・コンセプトは好きです。買うならBMW?かベンツか?私は元々ベンツでした。今度はBMWに乗ってみたい!
ロータス51C 1969年
でも本当にドライブしてみたい車はモノコックのフォーミュラーカーです!夢です。1969年のロータス51Cが来ていました。

底辺のカテゴリ「フォーミュラー・フォード」のために造られたシャシーです。今とは違うデザインを間近で見れて感激です。乗れるなら運転したい!
ティレル 007 1977年日本GP 高橋国光  NO.50
お~この車は!1977年に富士スピードウェイでF1が行われた時に高橋国光がドライブしたティレルです。ゼッケン50番は予選22位、決勝9位でした。

中島悟がF1でレギュラーシートを獲得するまで様々な日本ドライバーがF1にスポット参戦していました。
F3000 キャビンレーシング1988 星野一義
やはり日本人レーサーのトップを走り続けた星野一義を忘れてはいけません!懐かしい車です。全日本F3000でキャビンレーシングで出走していた時の車です。

レース好きには星野一義という名前とCABINのロゴは印象に残っているでしょう。

ここまで来て私の中で2つのカテゴリが生まれました。

①所有したい車
 1位 ポルシェ カレラGT 最新のスパイダーならGreat!

②運転してみたい車
 1位 現代のフォーミュラーカーなら何でも、F3くらいかな(笑)

他の人の意見も聞いて見たいものです。個々に趣味嗜好が違うので個性が出る質問だと思います。

ここまで書いていて私は何を書いていたのでしょう。ただ、車とレースへの想いを書き連ねました。本来、ブログとはこんなもんでいいのでしょうか?

ただ、書いていて一つ気付かされた事があります。現代人の生活と車の存在は密接で切り離されないものです。車はステータス品や道具としての域を超えて文化になっています。

不倫だけじゃない。車は文化だ!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。