スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小動物はキラー りすとうさぎの小動物公園 牛久大仏(茨城県)③

牛久大仏にウサギとリス!これは異色の組み合わせです。人はどうして小動物が好きなのか?そんなタイプではない私まで写真を撮り出すと夢中になってしまいました。
りすとうさぎの小動物公園
牛久大仏の足元には「りすとうさぎの小動物公園」があります。1993年に開園しました。周辺にはヤギ、ブタ、アヒルの小屋や猿が芸をするステージがあります。
りすとうさぎの小動物公園
少し到着したのが遅かった様で見れたのはリスとウサギだけでした。有料でエサやりもできます。私はむしろ写真撮影に没頭しました。無垢な瞳に吸い込まれます。
りすとうさぎの小動物公園
ウサギ小屋を出ると芝生の上に丸太が積み重ねられていました。ここにはリスがいます。ウサギの小屋と同様に子供だけでなく大人も夢中です。
りすとうさぎの小動物公園
必至になって食べるリスの姿に惹きつけられます。ベストショットを撮ろうと私を含めた必死な大人達のほうが良い見世物かもしれません。
りすとうさぎの小動物公園
ウサギに比べるとリスの方が自由です。食べたり、動き回ったり、寝そべったり…。子供が喜ぶこと必至です。牛久大仏は小さな子供のいるファミリー層をターゲットにしています。
りすとうさぎの小動物公園
牛久大仏の商業的戦略があからさまな「りすとうさぎの小動物公園」ですが訪れてしまうと満足感が勝ってしまいます。まさに小動物の魔力です。

小動物は人の心を奪うキラーです。

大仏の胎内ツアーをリピートしようとする人は少ないと思います。しかし、小動物コーナーはリピート率が期待できます。その点は抜(ぬ)かりがありません。

大仏胎内を含むすべての拝観
大人800円、子供400円(4-11月)
大人700円、子供400円(12-3月)

庭園+りすとうさぎの小動物公園
大人500円、子供300円(4-11月)
大人400円、子供200円(12-3月)

小動物公園目当ての顧客に価格戦略で対応しています。商売の基本であるリピーター獲得という基本戦略が考えられています。

仏様もこれだけ大きくなると維持費が必要ですから。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。