スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界3位の仏像!と関東平野の丘 牛久大仏(茨城県)①

牛久と書いて「うしく」と読む…牛久の歴史を調べていると昔に「潮来」と書いたのではないかという説が出て来ます。先日ブログに書いた「潮来(いたこ)」と同じです。

「潮」…[音]チョウ(テウ)(漢) [訓]しお うしお
「来」…[音]ライ(呉)(漢) [訓]くる きたる きたす

「うし(お)+く(る)」と読むことも不可能ではありません。
牛久大仏
牛久と言えば牛久大仏でしょう。国内最高、世界3位の高さを誇る人型建造物(仏像)であり、ブロンズ製の人型建造物(仏像)では世界一です。

一度は訪れてみようと思っている人も少なくないでしょう。
牛久大仏
牛久大仏
創建年:1989年
茨城県牛久市久野町2083
宗派:浄土真宗東本願寺派
本尊:阿弥陀如来、開基:興如
牛久大仏
世界の人型建造物(仏像)
①魯山大仏(中国):
 全高約208m、像高約106m
②レイチュン・セッチャー大仏(ミャンマーモンユア):
 全高約129.5m(像高約116m、台座13.5m)
③牛久大仏(日本)
 全高120m(像高100m、台座20m)
牛久大仏
<有名人型建造物(仏像)との比較>

◯奈良の大仏は牛久大仏の掌に乗るサイズ
 奈良の大仏(像高14.98m)

◯牛久大仏は像の高さでは自由の女神の2倍以上(足元から頭長の場合は3倍)
 自由の女神像(USA)全高93m、像高46.05m、足元から頭頂までの高さ33.86m
牛久大仏
他にも「牛久」という地名の由来説があります。

◯金龍寺(龍ケ崎市)の説
「怠け者の小僧が牛になってしまい、沼に身投げをした。そこから『牛を沼が食った』『牛食う沼』と変わり、その沼が牛久沼(龍ケ崎市)と呼ばれるようになった」

◯鵜宿、又は卯宿(うしゅく)が転じて「牛久」となった

大きな地図で見る
ちなみに牛久大仏は標高25m程度の所に台座が建っています。
牛久市地図
地図の右上隅に牛久大仏はります。牛久沼は地図の左下にあります。牛久市から龍ヶ崎市へ南下すると20m以上の丘と川筋に切り込まれた標高5m以下の谷が連続します。

龍ヶ崎市の南半分は標高5m以下の低地になっています。

牛久沼は古代に存在した香取海の入り江だったと考えられます。龍ヶ崎の中心を貫くように海岸線が蛇行し潮来(いたこ)方面へ続いたと考えられます。

現在の牛久市は縄文前期にすでに陸地だった…ここが現在は東に位置する潮来(いたこ)の一部だったとしても不思議ではありません。

歴史は記録がある場合でも曖昧な事が多いものです。推測の域を超えない事柄も多く存在します。しかし、土地の記憶は人の手が入った所もあるせよ昔の姿をより明確に教えてくれます。

関東平野の丘はまるで東京の山の手台地に似た地形の趣があります。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。