スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はアジア選手権! 女子バレーボール2013⑤

女子バレーボール全日本チームは無難に2014世界選手権の予選を突破しました。相手のレベルから考えてオールストレート勝ちという合格点だったと思います。

日本 3-0 チャイニーズタイペイ
日本 3-0 ベトナム
日本 3-0 オーストラリア
日本 3-0 タイ

世界選手権はずっと日本開催だったのですが2014年はイタリアです。生で見たい!
Vプレミアリーグ女子2012/13ファイナル
Vプレミアリーグ女子2012/13ファイナルより

眞鍋監督は戦前に次の様に言っていました。「世界のトップと戦ったばかりだが、少し戦術を変えたい。4連勝で世界選手権の切符を勝ち取りたい」

戦術?MBの高さがないセンターを重点的に使う!という事だった様です。高さのある欧米のチーム相手ではできない戦術です。センター線のコンビを強化する目的もあるのでしょう。

結果としてセンター攻撃のパターンを実験でき収穫はあったと見ています。

一方の同時開催の男子は韓国に敗れ世界選手権連続出場記録が途絶えました。劣勢でもベンチワークで対応しなかったゲリージャパン…サーブもレセプションで韓国に圧倒されました。

これで女子バレーボール人気はさらに上がり、男子はさらに落ちるのでしょう。

2013年の女子バレーボールはグラチャン(ワールドグランドチャンピオンズカップ)が見所です。4年前の前回大会は3位に入りました。出場国は9月中旬に決定されます。

大陸チャンピオン、開催国、ワイルドカードの6か国です。

出場国予想!?
 ブラジル(南米)13WGP1位
 アメリカ(北中米)13WGP5位
 セルビア(ヨーロッパ)13WGP3位
 中国(アジア)13WGP2位
 日本(開催国)13WGP4位
 アフリカのチーム?(ワイルドカード)

「ワールドグランプリの上位5チーム+1」という構成になるでしょう。これのメンバーなら見所満載です!
Vプレミアリーグ女子2012/13ファイナル
Vプレミアリーグ女子2012/13ファイナルより

グランチャンまでに放映はされないのですがアジアでもう一つ大会があります。

第17回アジア女子バレーボール選手権大会2013
2013年09月13日(金)~09月21日(土)
タイ・ナコンラチャシマ

2014世界選手権予選と同じメンバーが遠征しています。予選ラウンドは5つの組に分かれて戦い、上位2チームは1-8位のリーグ戦へ進みます。

WS:木村、江畑、新鍋、長岡、石井、近江
MB:平井、岩坂、大竹
S:宮下、橋本
L:佐藤

初日はベストメンバーで世界ランク93位のベトナムに圧勝しました!怪我が心配された木村選手、新鍋選手も出場していました。ひとまず安心。

固定していないMB…初戦は平井と大竹でした。

予選C組は他に世界ランク107位のインドネシア、112位のホンコンチャイナです。決勝までの対戦相手を見ると世界ランク16位タイとの試合が鍵になりそうです。

高さのある世界ランク28位のカザフスタンには気を抜かないことです。そして決勝は十中八九中国でしょう。どんな戦いをするか?楽しみ、楽しみ。

そろそろ…長岡選手の大ブレークに期待!楽しみ、楽しみ。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。