スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後楽園球場とTOKYO DOME CITYの歴史を軽く!

子供の頃は後楽園遊園地と後楽園球場でした。今ではTOKYO DOME CITYとTOKYO DOMEです。時代の流れを感じつつもエンターテイメントに根差した部分は変わりありません。

今年、2013年は東京ドーム開場25周年にあたります。
東京ドーム 2013/8/18
時が流れのは早いモノですね~。昔と変わらない点は、週末の巨人戦ともなれば、ただでさえ人が集まる場所に輪をかけて人が集まります。イベントや出店も充実しています。

試合を観る前からテンションが自然と上がります。堅いはずの財布の紐(ひも)がついつい緩みます。
東京ドーム 2013/8/18
歴史好きとしては過去に遡りたいものです。江戸時代には水戸德川家の上屋敷があった所です。現在の形は戦前に後楽園球場ができた所から始まります。

1937年 後楽園球場が開場
1949年 後楽園競輪場が開場
1955年 後楽園遊園地が開場

現在もTOKYO DOME CITYの横には小石川後楽園があります。水戸徳川家の回遊式庭園が現在に残されています。後楽園と呼ばれる由来です。
東京ドーム 2013/8/18
ちなみに東京ドームと言えば大きさの例えに多く用いられます。主に面積と容積です。東京ドーム何個分というのは日常で使われるほどのスケールです。

面積:46,755m2
容積 - 1,240,000m3

ちなみに球場の高さは56.19m、地上6階、地下2階の巨大な全天候の球場です。野球場としての収容人数は約46,000人で、イベント時は55,000人と言われています。
東京ドーム 2013/8/18
現在の東京ドーム(球場)は後楽園球場の跡地でなく後楽園競輪場の跡地に造られています。競輪場?それもそのはず1972年には競輪場は閉鎖されていました。

東京ドームが着工されたのは1985年、使われ始めたのは1988年です。個人的には1987年まで使われた後楽園球場の方が懐かしく思われます。
東京ドーム 2013/8/18
ちなみに原監督が現役時代に活躍した後楽園球場の跡地はどこか?調べると2000名収容できる展示場・プリズムホールができています。丁度、東京ドームとホテルの間です。

巨人と言えば優勝が宿命付けられたチームです。後楽園球場から東京ドームに切り替えられた1988年を境に前後25年で比較してみました。

後楽園球場(1963~1987年の25年間) リーグ優勝15回、日本一11回
東京ドーム(1988~2013年からの25年間) リーグ優勝9(+1?)回、日本一6(+1?)回

V9時代の圧倒的な巨人の再来はあるのだろうか?2013年シーズンの巨人は少なくとも圧倒的です。2年連続リーグ優勝はほぼ確実です。

日本一V2が達成できるかが注目です!

場所の編纂はあるにせよ読売巨人軍の伝統とファンの期待は「永遠!?」に感じます。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。