スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨de洗車! ゲリラ豪雨を浄化作用として活用

ゲリラ豪雨とは気象的に言うと局地的、短期的豪雨というのが正解らしいのです。確かにゲリラは戦争や戦いの言葉です。他に似た言葉に爆弾低気圧というのもあります。

過激な事象に人は戦いの言葉を使いたがるという例かもしれません。

近年の気候変動で起きている事柄は学名が決まる前にメディアや人々の間で通称が先に広まります。時に気象学用語は間違って理解され使われるケースもあります。
東京都足立区 ゲリラ豪雨
東京が熱帯雨林の様になったと思ったのは5年ほど前からだった。夕方になると熱帯雨林特有の短期的豪雨が降る日が増えて来ました。スコール?…調べると意味をはき違えていました。

スコール【1962年世界気象機関 (WMO)】
「毎秒8m以上の風速増加を伴い、最大風速が11m/秒以上で、1分以上継続する」

雨でなく風に関する減少を示した言葉でした。スコールと聞くと熱帯雨林に夕立の様に降る雨を想像する人も少なくないと思います。意外と知らないものです。
東京都足立区 ゲリラ豪雨
群馬県の山間部と東京を毎週往復する私には夏になると悩み事が増えます。小さな虫が車に当りフロントガラス、サイドミラー、車のフロント全体に無数の死骸がこびり付きます。

それらは夏の昼間の熱で乾燥して頑固に固まります。

短期的集中豪雨の時は可能な限り車を走らせる様にします。自然の洗車です!意外と威力があり後でふき取れば想像以上にきれいになります。時に自然の力を活用します。
東京都足立区 ゲリラ豪雨
そんな事もありゲリラ豪雨はそれほど嫌いではありません。まだ、大きな被害を受けた事がないからそう言っているのかもしれません。だた、雨の威力をまじまじと見つめていると元気をもらいます。

これだけの広い面積にこれだけの水量を撒く事は人工的にはできないでしょう。まさに自然の力、メカニズムと言えます。
東京都足立区 ゲリラ豪雨
家々の屋根や壁の汚れを一気に洗い落としてくれます。人工的に作れないスペックの高圧洗浄機の様に。ガソリンスタンドにある自動車の洗浄機が家サイズになった様に。

いや、もっとだ!町ごと洗ってくれる都市型洗浄機の様に。

自然と同じパワーを作れなくても活用することはできます。「雨で洗える家」とか!「雨洗車グッズ」とか!

街も家も車も浄化してくれるこの雨を見て心が浄化される錯覚を覚えます。怖いや面倒と思う前にまずは受け入れると実態が見えて来ます。

まず、自然を理解する様に努める
次に、自然の力を活用させてもらう
時に、自然の驚異から身を守る術を実行する
常に、自然の中で包まれて生きている事を忘れない

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コレ、気になる!
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。