スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸から大正へ 大手町~銀座 東京スリパチ学会「北斗七星スペシャル」⑭

また訪れたいルートです。大手町から銀座までの約1.3㎞を初めて歩きました。日本橋と皇居が意外に近いことにまず驚きました。そして、江戸、明治、大正の歴史を感じられる道でした。

ただ、目的が移動のため数々の史跡を横目に通り過ぎました。次はじっくりと歩きたいものです。
銀座
1935年に建てられた日本橋三越本店は東京都選定歴史的建造物に指定されています。三越は1673年に呉服店「越後屋」として現在の日本銀行辺りで創業しました。

1683年に江戸の大火で焼けたため駿河町へ移転しました。現在の室町1,2丁目です。

江戸時代に世界で初めて「正札販売」を行なうなど創業時から斬新さを持った企業でした。明治に日本橋本店を開業し数多くの日本初を実現しえ来た企業です。

現在はかんり苦戦している様です。今の三越をじっくり見るのも悪くなさそうです。
日本銀行本店
日本銀行は三越から徒歩で350mの所にあります。日本銀行旧館は国の重要文化財に指定され東京・赤坂の迎賓館と並ぶ傑作と言われる歴史的建造物と称されています。

一般的には屋根の形が円に見える建物です。

江戸時代には金座があった場所です。明治15年(1882)に日本銀行が開業した当時は現在の箱崎町1番地にありましたが明治29年(1896)にこの地に移転してきました。

関東大震災、空襲から最小限のダメージで切り抜け110年以上経過した奇跡の建物です。

ちなみに見学ができます!本店見学と貨幣博物館の見学セットや「貨幣の歴史」に関するレクチャー付き本店見学が実施されています。行きたい…。
常盤橋(東京)
さらに大手町側に戻ると江戸城の外堀(日本橋川)と常盤橋があります。常盤橋は現在修繕中です。1629年に常盤橋門が設置されまでは「大橋」と呼ばれていたという説があります。

外堀にあたる日本橋川は江戸初期の治水工事で作られた川とされています。

現在は3つの常盤橋があります。写真を撮影をした所が現在の常盤橋、写真に移っているのが古い常盤橋です。さらに向こう側に関東大震災後に造られた新常盤橋もあります。
渋沢栄一像
常盤橋の大手町側の河岸には常盤橋公園があります。常盤門跡などもありじっくりと訪れたい場所です。公園内に日本資本主義の父と言われる渋沢栄一像があります。

なぜ、ここに?

常盤橋公園は昭和8年(1933)に財団法人渋沢青淵翁記念会(現在の渋沢栄一記念財団)が復旧整備を行い旧東京市の公園となった経緯がありました。

現在は千代田区立公園です。

生涯で500以上の企業の設立に関わったと言わる人物です。背後にあるJFE商事も渋沢栄一に関係する企業です。この近くには渋沢栄一ゆかりの東京証券取引所や第一国立銀行跡などがあります。

新企画「栄ちゃんツアー」

飛鳥山の渋沢資料館、深川邸跡、谷中霊園なども行けばたっぷりと東京が堪能できそうです。

このルートに関して地形的なポイントは日本銀行から三越のある中央通りへ向かう下り勾配です。中央通りも日本橋川に向かって微妙に下っています。

ここは江戸創成期まで存在した半島状の形をした江戸前島の根元なのか?

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東京
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。