スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃した! 鎧神社 東京スリパチ学会「北斗七星スペシャル」②

下調べをしないと肝心な所を見逃す!?北新宿にある鎧神社には変わった貴重な民族文化財があった様です。浮足立っていた私は目の前まで行って見逃しました。

東京スリバチ学会の「130629フィールドワーク北斗七星スペシャル」の第一目的地は鎧神社でした。
鎧神社
そもそも北斗七星とは何か?東京23区にある平将門(?~940)に因む神社や塚を結ぶと北斗七星の形になります。徳川幕府の江戸の都市設計は風水を基づいて行なわれたと言われています。

この北斗七星は「崇徳上皇」「菅原道真」と並び日本三大怨霊の一人である「平将門」の怨霊を鎮める結界という話もあります。余り深い入りするとオカルトの域まで達する話なのでここまで…。
鎧神社
鎧神社の創建年は漠然としていますが醍醐天皇(897~930年)の時代になります。円照寺が創建された際に寺の鬼門鎮護の神祀として鎧大明神創建されたと伝わっています。

鎧神社
創建:898~929年?
御祭祀:日本武尊、大己貴命、少彦名命、平将門
住所:東京都新宿区北新宿3-16-18

円照寺ができる以前からこの地には伝説がありました。日本武尊が東征で派遣された際に甲冑六具(武具)をしまい隠したと言う言い伝えです。
鎧神社
また、朝廷に反旗をひるがえし関東の為に立ち上がり戦い敗れた平将門の死を悼み、この地の人々が鎧を埋めたと言う話が残っています。947年の事です。

鎧に関しては別の説もあります。

平将門公を討った藤原秀郷公は戦いの後に重い病を患いました。将門公の祟りではと恐れ秀郷公は円照寺で参詣しました。その時に将門公の鎧を埋め、祠を建てたとも言われています。
鎧神社 天神社
「やってしまった!」ブログを書きながら気付きました。鎧神社を出発しようとすると一部の人が「これだ、これだ」と言いながら摂社天神社に群がっていました。

案内板には「狛犬型庚申塔」と書かれていました。また、「新宿区指定有形民俗文化財」とも書かれていました。焦っていた私にはこの日本語が全く頭に入って来ませんでした。

東京スリバチ学会の「130629フィールドワーク北斗七星スペシャル」の参加者たちは次の目的地に向かって鎧神社を去って行きます。

「ここで置いて行かれたら…取りあえず写真だけは撮っておこう…」
鎧神社 天神社 狛犬型庚申塔 吽形
本来撮るべきところは天神社の両側でした。拡大して見ると人の様な石像が写っています。上の写真が吽形です。そして、下の写真が阿形です。
鎧神社 天神社 狛犬型庚申塔 阿形
リベンジ決定です!「狛犬型庚申塔」をまじまじと見たいのです。ちなに案内板によると次の事が刻まれているそうです。

「庚申奉造立供養塔」
「武州豊島郡柏木村在住の講中の氏名」
「享保六年」

講中【こうじゅう】~Kotobank引用
講を作って神仏にもうでたり、祭りに参加したりする信仰者の集まり。

1721年に柏木村の信者の集まりが狛犬を奉納したということです。ちなみに天神社は元々鎧神社から北に300m行ったところにある現在の柏木北公園にありました。明治中頃に鎧神社境内に遷座されました。

新宿区のサイトには「狛犬型庚申塔」について「素朴な狛犬」と表現されています。私にはそのフレーズが妙にひっかかります。どう見ても素朴と言うより個性的です。
平将門 北斗七星
次の目的地「水稲荷神社」へ向かいます。ちなみに下調べをせずに感覚的、直観を重視するが故に後でまとめる際に「見逃し」に気付きます。

すべては縁だと思っています。「見逃すも縁、それでまた行く事も縁」です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。