スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬれせんべい 地球が丸く見える丘展望館 千葉県銚子市

銚子の名物となった「ぬれせんべい」を食べました!「地球が丸く見える丘展望館」の屋上で地球が丸いことをこの目で確かめた後でした。

お土産コーナーにある出店に目が行きました。目の前で焼かれるとついつい…。
地球が丸く見える丘展望館
開店間際というで人気も少なく濡れ煎餅を焼いているオッチャンと話しました。銚子電鉄の話をざっくり聞きました。帰ってからWikipediaを検索すると…。

ぬれせんべいは1960年代に「柏屋」が考案して作られました。ちなみに「ぬれせん」は柏屋の登録商標です。次いで「イシガミ」も製造する様になりました。

1995年、慢性的な経営危機にあった銚子電鉄が増収策として「銚電のぬれ煎餅(登録商標)」を採用しました。

地域の鉄道会社に「イシガミ」が無償で製法を教えました。銚子にあるヤマサ醤油が「濡れ煎餅専用醤油タレ」を作りました。ネットやメディアで全国に知れ渡り銚電の経営も安定しました。
地球が丸く見える丘展望館
オッチャンの強調していたことは1枚150円のところ「美人・美男は1枚200円、ブスは300円」でした…。みんな謙遜して「ブス」と称するので追加したとか…。

私は150円でした。加えてブログアップを約束しておまけ1枚…美男でもブサイクでもないようです。
地球が丸く見える丘展望館
食べた感想は「やっぱり焼きたては最高!」です。醤油の香ばしい匂いが味を引き立てます。是非とも焼きたての濡れ煎餅を試してください。
地球が丸く見える丘展望館
「地球が丸く見える丘展望館」を出て建物の横に回る階段がありました。そこに奇妙なオブジェがありました。「日比友好の碑」と書いてありました。

「日比友好の碑」はフィリピンで日系移民からルソン富士山と呼ばれるマヨン山を向いています。太平洋戦争で両民族が戦火を交えた事への反省から立てられた碑です。
地球が丸く見える丘展望館
濡れ煎餅、太平洋戦争、丸い地球…すべてバラバラです。一見、直接的なつながりはありません。唯一結び付けるものは銚子の標高73.6mしかない愛宕山です。

愛宕山頂上には展望台、日比友好の碑以外に古い三角点と祠もあります。

時間軸の上で無秩序に起きた出来事が一つになった場所です。それこそが歴史だと思います。歴史は本来、ストーリー性があるものでなく、無秩序に起きた出来事の集まりです。

意外な場所で歴史の神髄を気付かされた感じです。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。