スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッション。ひと言力を磨け!

文章を書く時に出だしのキャッチが重要というのを教えられてました。しかし、会話、議論となるとセオリーらしき教えは特に聞いたことがありませんでした。

会話の流れが上手く運べる時とそうでない時の違いが明確に分かっていませんでした。

コンサルタントの「ひと言」力 (PHPビジネス新書)コンサルタントの「ひと言」力 (PHPビジネス新書)
(2011/05/26)
野口 吉昭

商品詳細を見る

家にはたくさんの「これから読む予定」の本が積み上がっています。ある日、この本がある事に気付きました。なぜ買ったのか?全く思い出せませんでした。

簡単に読み切れる本です。

最近はこの種の本が多く、逆に難解でじっくり読む本は探さないと見付からない時代です。しかし、この本はシンプルながら私の疑問点への答えを与えてくれました。

「ひと言」目の重要さです。

今迄、相手に役立つと思える事を選んでいて話していたつもりでした。なぜか全く聞いてもらえなかったり、なぜか聞いている振りして流れされた経験があります。

同じ話を別の機会に話したら感動され、その人の変化につなげる事ができました。

その違いは「ひと言」目でした。

上手く行かない時は「ひと言」目が弱かったり、遠慮気味だったり、相手の心情に効果的でない言葉を発していたと思います。

また、弱い文を並べてしまい「この人は何が言いたいのだろうと」じれったく思われたでしょう。

最初のキャッチで相手の心をつかみ、聞く気にさせたり、行き詰まった話を転換させる能力が必要です。悪い方へ議論が流れた時の「ひと言」が効果的ならばその後の成果も大きな違いになります。

この本の中には様々な「ひと言」が語られています。参考になると思います。

この場で一つ選ぶとすればこれです。

「他責でなく、自責で考えてください」
[場面]問題が発生した時
[効果]より良い解決策、改善につながる。人としての成長。

私の人生の転機となったのが「全て自分の責任」だと考えようと思った時です。父が亡くなり、色々な岐路にあった時期でした。ある意味、覚悟を決めるひと言でした。

その後、素人集団を率いて新工場立ち上げに成功せることができ、会社が危機を脱するのに貢献できました。

大変重要な考え方であるのに伝えるのは難しいものです。やはり、一言目のキレが必要です。それは、相手の心にスーと入るものでなければなりません。

急に素晴らしい一言は出て来ないので普段から言葉に触れ、会話の中でも試しながらボキャブラリーを増やしています。

何でも「より良くしたい」という願望が強い私です。

まさに一言力を磨けばより多くの効果が出せるでしょう。そして、多くの人の人生を良い方向に変える事ができるようになるでしょう。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。