スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロベルト君の実が教えてくれた事 (コーヒーの苗を育てる)

こいつ本当にタフだ!苦節4年半!苗から育てたコーヒーの木に実がなりました。まあ、適当な管理にも関わらずここまで成長してくれるとは感無量です。

そして、少しの罪悪感もあります。もっときちんと育ててあげれば早くから実ったかもしれません。
家の珈琲の木に実がなった!
「Robertoがやって来た! コーヒーの苗木を育てる その1」をブログに書いたのは2008年12月11日でした。6本の苗木からスタートして越冬に失敗して4本が枯れました。

残った2本の内1本も数年後に枯れました。

唯一残った一本が…涙がでそうです。ちなみに名前はRoberto君です。2本生存している時はロベルト・カルロスとロベルト・バッジョに分けていました。
家の珈琲の木に実がなった!
しかし、枯れた後はロベルト君に名前を戻しました。どちらも好きな伝説級のサッカー選手の名前で、どちらかを枯れたと言いたくありませんでした。

ちなみに名前の由来は「コーヒーの木=ラテン系ぽい」ということでラテン系の名前にしました。

ロベルト君に栄養剤を追加してもっと元気になってもらうと思っています。もっと、もっと元気になって欲しい!!!

人間は実がなるとモチベーションが俄然上がる現金な生き物です。私も例外ではありませんでした!気付いた事がもう一つあります。

成果が出ない間も持続できるかが成功と失敗を分けるものだと…ロベルト君の実が教えてくれました。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。