スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同湯だって文化だ! 湯宿温泉②

温泉街の細い道を見ると懐かしい気持ちになります。少年時代に迷い込んだ知らない街の路地裏の様です。群馬県みなかみ町にある湯宿温泉に来ました。

古き良き湯治場の雰囲気を残した温泉街です。
湯宿温泉
「湯治」…ゆじ?何十年振りに見た言葉で「とうじ」と瞬時に読めませんでした。医療が発展した現代では湯治で温泉街に長期滞在するということを聞かなくなりました。

温泉法第14条に基づいて環境省が指定をした国民保養温泉地です。
湯宿温泉
湯宿温泉は湯治場として続いて来た温泉街です。温泉街に娯楽施設はありません。伊香保温泉や草津温泉の様に店が立ち並ぶ場所もありません。当然、色気のある場所も皆無です。

湯に入り付近を散策する事を楽しみとする場所です。
湯宿温泉
湯宿温泉街には7軒の宿と4軒の無料の共同湯があります。この写真は共同湯の一つ窪湯です。軽自動車がギリギリ1台通れる様な細い道にあります。雰囲気は満点です。

他に小滝の湯、松の湯、竹の湯があります。
湯宿温泉
独立してから5年間で様々な温泉街に行きました。これほど閑静で地味な温泉街に出会ったのは初めてです。三国街道(現在の国道17号)沿いにありながら山奥の一軒宿の様に閑静です。

まさに穴場です。

温泉初心者の頃は「露天風呂=素晴らしい」という感覚でした。

草津温泉で内風呂である共同湯に入ってから温泉に対する考え方が変わりました。良いお湯にリラックスして入ること自体に温泉の価値を感じる様になりました。

そして、景色が充実した施設がよりも共同湯という最もシンプルな場所に温泉街の文化があると感じました。

「不倫は文化だ」なら「共同湯だって文化だ!」

私はこの近くで仕事をすることが多いので共同湯を全制覇しようと計画中です。言い方を変えると温泉文化を今迄以上に堪能しようというプランです。

The Simple is the best…

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 湯巡り♪
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。