スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の有形文化財で味わう湯 法師温泉長寿館①

私にとって懐かしいルートです。新潟に住んでいた頃に2度ほどスーパーカブで三国峠を超え東京を往復しました。新潟と群馬の国境にある三国峠は江戸時代から続く交通の要所です。

群馬県側から三国峠へ登る途中で横道に入り6㎞ほど進むと秘境「法師温泉」があります。
法師温泉
私にとって憧れの温泉でした。事前調査でも知っていましたが、第一印象はやはり「歴史ある建物が素晴らしい」ということでした。明治、大正、昭和初期へタイムスリップした感覚を覚えます。
法師温泉
ここは山深い一軒宿の温泉です。少し前ならば宿泊のみで私の様なプアーな人種には縁遠い場所でした。最近の日帰り温泉ブームのおかげで私にも歴史ある風呂へ入るチャンスが生れました。
法師温泉
剥げ掛けた看板に侘しさはなく、むしろ歴史の重厚感さえ感じさせてくれます。鹿鳴館調の法師乃湯は明治28年から建て替えを行っていません。温泉以上の温泉、風呂以上の風呂です。

国の有形文化財の中で入浴できる所なのです。
法師温泉
時間が止まった様な空間は至宝の時となることは間違いありません。体はお湯の中に浸っているだけでなく歴史という時間の流れの中にも浮遊しています。入浴後も歴史ある建物が待っています。

玄関口の建物も明治初期の建物で国の有形文化財です。
法師温泉
裏手に回ると昭和15年に建てられた別館を臨むことができます。宿泊客しか入れないエリアなので日帰り客にはこれが精一杯です。この建物も国の有形文化財です。

一軒宿が生き残りは大変でしょう。様々な努力をしています。

「国民保養温泉地」に国から認定されています。認定された温泉には必ず飲泉施設があります。

「日本秘湯を守る会」に所属しています。全国の秘境温泉宿が集まる団体です。宿泊スタンプが10個貯まると宿泊が無料になるそうです。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 湯巡り♪
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。