スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さりげなく 高崎白衣観音・慈眼院 高崎観音山の桜④

やっぱり高いな~。二度目の来訪です。高崎観音山の桜見物がてらに慈眼院に立ち寄りました。標高190mの地点に41.8mの高さでそびえる高崎白衣観音は圧巻です。
高崎白衣観音 慈眼寺
建立されたのは1936年、昭和11年のことです。太平洋戦争より前の時代です。歴史の教科書に出てくる二・二六事件が起きた年でもあります。とてもきな臭い時代でした。
高崎白衣観音 慈眼寺
ヒトラーの人生最大の賭けであったラインラント進駐が成功させ世界は第二次世界大戦へ突き進んいきました。そんな時代に巨大な観音像を立てのは高崎の実業家井上保三郎でした。
高崎白衣観音 慈眼寺
井上保三郎は世の中に観世音菩薩の慈悲の光明を降り注ぎたいと念じていたそうです。時代の流れというは誰に止められないものなのかもしれません。狂った歯車は壊れるまで回るのでしょう。
高崎白衣観音 慈眼寺
桜の話と言えば高崎観音山の桜は素晴らさに比べ慈眼院の境内では「どこに咲いている?」という感じでした。白衣観音の奥の手水舎にしんみりと且つさりげなく咲いていました。

2013年の桜も十二分に楽しめました。来年は?そして、時代の流れはどちらへ向かっているのだろうか?

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 桜めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。