スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通の要所・高崎の歴史 高崎城址公園①

都市の中にある高崎城址公園では昔の名残を見る事ができます。昔は4つ櫓は乾櫓のみが残っています。でも、この姿がひとつで当時の姿を想像することはできます。

タイミングが遅れましたが桜の季節の高崎城址公園です。
高崎城址公園 乾櫓 2013/4
高崎は古くから中山道と三国街道が交差する交通の要所でした。江戸日本橋から京都三条大橋を結ぶ中山道六十三次の中で4番目に大きな宿場町がありました。

今でも新幹線、高速道路が分かれる交通の要所です。
高崎城址公園 乾櫓 2013/4
大昔から高崎と呼ばれた訳ではありません。高崎城の築城は家康の命で1597年に始まりました。その場所には和田氏の和田城がありました。上野国(現在の群馬県)は支配者が変わった土地でもあります。

和田と呼ばれた土地でした。

和田城ができたのは平安時代と古く関東管領の支配下でした。上杉、武田、北条の配下と移り変わり豊臣秀吉の小田原攻めで和田氏は北条氏と共に戦い敗れ去りました。

和田城は前田利家と上杉景勝により1590年落城して廃城となりました。
高崎城址公園 東門 2013/4
【移築されて数ある門の中で唯一残る東門】

高崎とは初代城主点井伊直政が付けた名です。最初は「松ヵ崎」と改めようとしていました。和尚に相談すると松は高くなるけれど枯れてしまうと言われました。

そして「成功高大」という言葉にちなみ高の字を使うことにしたそうです。長い江戸時代を経て高崎城は明治6年の廃城令により軍部に払い下げられました。

ほとんどの部分が壊され江戸時代の面影が残っているのはほんの一部です。
高崎城址公園 乾櫓 2013/4
現在の高崎は都市人口53万人と群馬県内では最大です。高崎市も平成の大合併により県内で一番の人口になりました。でも、県庁所在地ではありません。県庁所在地は前橋です。

明治初期は高崎が中心でしたが、前橋の仮庁舎を移転したことがキッカケに二度と戻ることはありませんでした。

中心なのに県庁所在地でない…微妙な話ですね~。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。