スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の経済学と来年の抱負 2013年の桜 靖国神社、千鳥ヶ淵

神頼みしくなる時があります。自分の力でどうにもならないことが世の中にたくさんあります。景気などはその一つです。ついつい手を合わせてしまう人も少なくないでしょう。

手を合わせて景気が上がるかは知りませんが桜は関係しています。
生涯学習!by Crazybowler-靖国神社 2013/3/22
桜と景気が関係する?知る人ぞ知る景気動向の目安です。桜の開花が早いほど景気の立ち上がりが良くなるそうです。理由は単純です。

桜が咲く=気温の上昇

気温が上昇すれば人は活動的になります。日本人が好きな桜となれば花見に出かけます。人が活動すればコストが発生します。コストこそ他の人の収入です。

桜の時期が早いとお金の動きが多くなります。
生涯学習!by Crazybowler-靖国神社 2013/3/22
2013年の東京のソメイヨシノ開花日は金曜日でした。平日の昼間にも関わらず「待ってました」とばかり酒盛りが始まっていました。靖国神社の参道には屋台が並びます。

一気にお金が消費される瞬間を可視化できた感じを覚えました。

観測史上2番目に早い東京のソメイヨシノ開花とアベノミクスが後押しをして2013年の春はお金が動きそうな気配です。
生涯学習!by Crazybowler-靖国神社 2013/3/22
景気とは「気」という文字通り気分の影響を受けます。アベノミクスで話題になった「期待値」です。ポジティブなニュースが増えれば出費を良しとする気分になります。

逆にネガティブなニュースが増せば不安な気分が人を将来に備えた貯蓄に向けます。

単色の冬が終わり桜の季節はその色合いとギャップから気分が開放的になります。財布の紐も緩み易くなります。花見をしてケチケチしても楽しくないし…。

「パーと一杯」と成り易くなります。
生涯学習!by Crazybowler-千鳥ヶ淵 2013/3/22
今年は余りお金のないので出したくても出せない私がいます。しかし、世の中でお金が回ってくれれば私の手元に来る可能性も上がります。

そんな期待値から出費をしたい願望に囚われます。とりあえず今は我慢…。

来年の花見にはパーと使いたいものです。加えて今年はできなかった千鳥ヶ淵のボートに乗りたいものです。一人より二人がいいですね。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。