スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛藤と入浴 共同浴場「煮川の湯」 草津温泉

チャレンジの領域に入るには恐怖というステージを超えなければなりません。スポーツのメンタルタフネスでの考え方です。実はスポーツの中だけでなく普段の生活にも言えることです。

草津温泉で私はまさに葛藤の最中でした。

シェイクスピアのハムレット「To be, or not to be: that is the question」ばりの葛藤でした。私の場合は「入るべきか、入らぬべきか、それが問題だ!」
生涯学習!by Crazybowler-草津温泉 湯畑
湯畑特別ライトアップで撮影を終え時計を見ると21時を超えていました。日帰り温泉は全て終わっています。このまま湯に入らずに帰るか?それとも共同浴場に入るか?

日本中の共同浴場には今迄一度も入ったことはありません。

勝手が分かりません。どれくらいの広さか?どれくらいの人がいるのか?全く想像も付きません。腹が減ったので取りあえずセブンイレブンへ行きました。

店員さんに聞きましたが満足できる返答は得られませんでした。

食べながら葛藤していました。味は覚えていません。ここで引き返したら後悔するぞ。つべこべ考えずに行ってしまえ!
生涯学習!by Crazybowler-草津温泉 煮川の湯
草津温泉 煮川の湯
場所:吾妻郡草津町
営業時間:24時間
料金:無料
源泉:煮川源泉 温度49.9℃ pH=2.1
酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)

男性用と書かれた木製のドアを開けると短い階段が下に向かっています。左手に別の木製のドアがあり脱衣所に入ります。さらに木製のドアを開けると風呂場です。

3人程度入れば満員と言える大きさです。22時過ぎだったので先客は1名、後から来た人が1名でした。高温の煮川源泉が勢いよく流れ続けます。

なにしろ熱い!ph2.1の熱い湯は肌にちくちく刺さります。地元の人は平気なようです。次第に慣れてきました。そして気付きました。

「これは贅沢だ!草津の源泉をダイレクトに浴びれるなんて!」

入るか入るまいか迷っていた自分はなんだろう?不思議なくらいです。大満足でした。メンタルタフネスもレベルアップできたと思います。

ちなみに、

草津では共同浴場は「もらい湯」と呼びます。「基本的に地域住民の施設」と明記されています。外部の人も入っても良いのですが利用には「感謝の気持ち」と「次の人へのマナー」が必要です。

違法駐車をしない
汚さない
詰まらせない
汚したら掃除をする
飲酒後の入浴をしない
長時間滞在をしない
仮眠をしない
騒音を立てない
貴重品は持ち込まない


当然のマナーです。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■同意見

高校生時代に入ったことがあります。
激熱を覚えています。
3分で体がマッカッカ(笑

PS
マフラーもちっぱなしです。(笑

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。