スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もしかしたら」を捨てる

春一番が吹きました。2013年も温かい季節へ時間が移っています。年初に今年こそは!と思っていた人も少なくないでしょう。

ふと振り返ると「もうそろそろ春なのに」と思っている人もいるのでは?

失った時間を考えても何も起きません!むしろ、割り切って「今できること」をする方がためになります。
生涯学習!by Crazybowler-沼田市2013
「割り切り」…昔からこれができる人は「凄いな~」と思っていました。人生も折り返しに来ると割り切りるしかないことが多々あります。

年齢とともに割り切りが出来る様になりました。しかし、意識的にできている訳ではありません。

改革とは自らがまず変わる事と勝海舟も言っています。まずは自分が変わる努力をしていかなければ何も変わりはしないでしょう。

私にとって根本的に変わるべき点のひとつはやはり「割り切り」です。どうも過去を引きずる傾向があり「転んでもただでは起きたくない」という思考がありました。

過去への執着です。だから、過去に学んだことは無駄なく活用したくなり遠回りをしました。

現実は個人として思った成果につなげられていません。過去に囚われ過ぎて視野が狭くなっているのでしょう。

5Sは仕事で最も重要な考え方であり、行動のひとつです。

整理…要らないものと要るものを分けて要らない物を捨てる!
整頓…決められた場所、決められて方法で表記して置く
清掃…掃除、清掃をして清潔に保つ、細部まで点検をすること
清潔…整理・整頓・清掃を継続して維持すること
躾…決められたことを決められたようにできる様に訓練すること

割り切りで問われるのが最初の整理です!

捨てられないと整頓以下がやりずらくなります。実際に普段の仕事でも同様で意識的捨てられないと推進力が弱くなります。

自然消滅と意識的に捨てるのは違います!

捨てる事はすべての基本なのかもしれません!
生涯学習!by Crazybowler-みなかみ町2013
ただ、捨てられないからと言って整頓や清掃できないのは理由になりません。むしろ、ここにも「割り切り」が必要です。

許されるのであれば40点でも80点でも構わずに次のステップへいく事です。むしろ大切な事は回転率です。

Aさんの場合
整理(60点)…(捨てられない…と停滞)

Bさんの場合
整理(80点)→整頓→清掃…(1回で満足して終わり、また要らないものが溜まる)

Cさんの場合
整理(40点)→整頓→清掃→…(続けている。整理も80点まで出来る様になる。)

一定の短い周期でサイクルを回し続けることが中長期の向上につながります。同時に不得手な「捨てる技術」も上達でします。

私の父は捨てられない性格でした。男性には多いタイプです。母は逆に無常とも思えるくらい捨てることができる人です。これも女性に多いタイプです。

モッタイナイにも限度があります。モッタイナイなら断捨離でも言われる様にINPUTしなければよいのです。

女性は終わった恋愛でも割り切りが男性よりも上だと心理学では言われています。

要するに「終わり=捨てる、∴次へ」なのでしょう。

捨てられない人は「終わり+もしかしたら=断たない・捨て切らない」なのでしょう。

要するに「もしかしたら」を捨てることが鍵なのでしょう。

後で後悔したらどうしよう…。

①気持ちを割り切る
②また入手する

春一番の中で失った時間を割り切り、次の春を謳歌しようと思った私です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。