スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh、No…何もおらん おおの自然観察の森

Oh、No…何もおらん

冬に自然探索は微妙です。冬日の空気、茶色い風景、生き物も息をひそめています。途中からは太陽も隠れてしまい寂しい風景となりました。

食事の後に日本野鳥の会の友人の導きで「おおの自然観察の森」へ行きました。
生涯学習!by Crazybowler-おおの自然観察の森
おおの自然観察の森
自然センター
広島県佐伯郡大野町矢草2723
TEL:0829-55-3000
開園時間:9:00~16:30
休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、12/28~1/4

上の写真は奥に「ベニマンサク湖」、手前に「八チョウトンボの湿地」が写っています。
生涯学習!by Crazybowler-おおの自然観察の森
私の大好きな?湿地がありました。私の中では「湿地=原風景」です。本来、陸と水の境目はあいまいなものではないでしょうか?

水が多い時は溢れ、少ない時は乾き気味になる…そんな姿に安心します。

ちなみに「おおの自然観察の森」の楽しみですが「自然大好きクラブ」のホームページ書かれていたので要約して引用します。

■季節のトピックス

春:いわかがみ、ツツジ。キビタキ、オオルリのさえずり
夏:ハッチョウトンボ、ルリタテハなどのチョウ
秋:ベニマンサクの紅葉
冬:オシドリ、マガモ、その他冬鳥

秋が良さげです。実際に湖の対岸でマガモが数匹バタバタとしていました。日本野鳥の会、会員は冬鳥を期待していたのですがマガモ以外はいませんでした…。
生涯学習!by Crazybowler-おおの自然観察の森
池から少し離れたところに「モリアオガエルの池」があります。名前の通りモリアオガエルの産卵地です。水辺の木の枝に泡のような卵を産みます。

泡の中でオタマジャクシは雨が振るのを待ちます。

雨で泡が溶けるのと同時にオタマジャクシは水の中へ落ちて行きます。
$生涯学習!by Crazybowler-おおの自然観察の森
近くには清流がベニマンサク湖に流れ込んでいます。川というより山と山の間を流れる沢です。国土地理院の地図で見てると全長500m程度でした。

色々調べたのですが残念ながら名前は分かりませんでした。

ならば私が命名してもよろしいでしょうか?「清水沢(きよみずさわ)」にします。水の清らかさが印象的で単純な呼び名になってしまいました。
生涯学習!by Crazybowler-おおの自然観察の森
ベニマンサク湖の奥まで行くと山へと延びる道がいくつかあります。カブトムシの森と書かれた方向へ進むと山登りの様になって行きます。

その内、急激なアップダウンが繰り返されます。

もちろん、冬なのでカブトムシどころか何もいません。Oh、NO!って感じでした(笑)

でも、友人と歩き楽しい時間を過ごせました。景色は写真よりも明るく見えたのは私だけだったでしょうか?

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。