スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナス面は調味料! プラスの引き立てるマイナス

飽食の時代の飲食業は「味、サービス、マイナス面少々」の配合が持続的なヒットを生み出します。売れるものは意外にも一番質の高いものではありません。

心理学的な根拠は分かりません。しかし、いくつか事例があります。その一つが天下一品です。
生涯学習!by Crazybowler-天下一品
ドロドロなのに脂っぽさがないスープが天下一品の特徴です。スープは秘伝ですが野菜が多く使われているそうで女性にも人気があります。

ラーメンだと思って食べると違和感は否めません。私は別の料理だと思っています。

①カルボナーラの様な料理だと思う
②スープでなくアンカケだと思う
生涯学習!by Crazybowler-天下一品
天下一品は時間をかけジワジワと全国区になりつつあります。山口県周南市に県内で第1店目がオープンしたと聞きボウリングの後に行きました。

参加者は天下一品の経験者2名と未経験者1名でした。

未経験者が口に入れた途端に「うまい」と自然にこぼしていました。脂ぎったラーメンにはない味の深みがあり、しかも濃厚でありながら脂っぽさがありません。

独特の旨みのバランスが人を唸らせるのでしょう。
生涯学習!by Crazybowler-天下一品
ただ、その後に「スープがどろどろ過ぎる」とか色々と不満も漏らしていました。私は「これだ!」と思いました。

ただ、旨いだけではない所に天下一品の魅力があります。

群馬県北部山沿いのとある中華料理店を思い出しました。

お世辞にも旨いとは言えない料理なのにいつもお客様がいます。加えてランチの値段としてはその地域で高いほうでした。

ただ、中華はその地域でそこだけでした。しばらく、オンリーワンだから事が客がいるのだと思っていました。

ところが、「何これ?…まずい」と最初に思ったラーメンがまた食べたくなりました。

旨過ぎるものは続かない、そこそこな味の方が持続的にお客様を連れて来ると聞いたが事があります。根拠はさて置きマイナスイメージも重要なファクターなのです。

良く考えて見ると人でも同じです。完璧な人よりどこか欠点がある人の方が長く愛せます。

甘みを前に出すためにかける塩少々の様です。マイナスイメージが含まれることによってプラスな面がより強調されるのでしょう。

この世界でマイナス面は効果的な調味料です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。