スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくわぶはすいとんだ!? 男の適当料理研究家

ちくわぶ?何それ?関東地区でおでんの具として人気らしいのです。生まれも育ちも東京の私ですが聞いた事があるだけで食べた記憶がありません。

西日本の人々からするとちくわぶはおでんの具として邪道な様です。

キッカケは1/11に放送されたタモリ倶楽部でした。この日の特集は「ちくわぶ激白『出汁はもう飽きた』ちくわぶに色んなものを吸わせてみよう」です。
生涯学習!by Crazybowler-ちくわぶ
そもそも、「ちくわぶ」とは何か?Wikipediaを引用します。

「ちくわぶは、小麦粉に水と塩を加えて捏ね、棒などに巻きつけ成形、その後蒸して作る食材。漢字では「竹輪麩」と書く。」

要するに小麦粉で模擬的に作った竹輪まがいの様です。
生涯学習!by Crazybowler-ちくわぶ
早速、スーパーで購入しました。まさに「ちくわまがい」だと思いました。汁を吸わせることで活きる食材なので何スープと一緒にするか考えました。

そう言えば…タモリ倶楽部の最後の方でチラッとやっていた事を思い出しました。

・とんこつスープに合う
・韓国の辛いスープと合う

探していると「コムタン」というスープの素を見付けました。豚骨スープではない様ですが白ぽい韓国のスープということで使ってみることにしました。

後で調べると牛の肉・内臓を長時間煮込んだスープです。
生涯学習!by Crazybowler-ちくわぶ
寒い日だったので鍋風にしよう!入れた具は、…

ちくわぶ、しらたき、鶏肉、ほうれんそう、はくさい、わかめ
塩こうじ少々、唐辛子少々、にんにくチップ少々、しょうが

人生で一口目のちくわぶ。「なんじゃこりゃ…確かに竹輪ではないな。」それが第一印象でした。

「でも、何か似ているぞ。」過去の記憶を検索し始めました。「何だろう?」昔、食べたことのある雑な食感です。

「あ!おやじの作った『すいとん』だ!」

『ちくわ』の代替え品として食べるとお世辞にも旨くはありません。しかし、『すいとん』として食べるとなかなかイケています。

『白っぽい韓国スープ』とも合います。

おでんを食べに行っても『ちくわぶ』を積極的に食べることはないでしょう。しかし、すいとんとしてのちくわぶ料理は開発して行きたいと思いました。

次は『赤い韓国スープ』で試してみます。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。