スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い時こそ使えるフレーズ 大友康平の発言から!

「今の人生が正解とすれば、…」

ハウンドドックの大友康平がラジオNHK第一の「すっぴん」で面白い表現をしていました。この表現が心に残り色々と考えました。

まずは今の自分に当てはめてみました。「なるほど」すべての判断は正しかったことになります。遭遇したすべての問題はすべて糧になっています。

すべてを肯定的に捉えれられる自分がいます。

ある種のマジックワードですね。
$生涯学習!by Crazybowler-人生
「ちょっと待てよ」

大友康平と言えば音楽でも演技でも成功している人ではないか!そりゃ、「今の人生が正解」だよ。そんな風にも考えられます。

もう少し考えると違う結論が出ました。

この言葉の真の意味はもっと深いところにあるぞ。決して順調ではない波乱万丈の人生を送る自分に当てはめてもフィットした言葉ではないか!

逆に悪い時にこそ「今の人生が正解とすれば、…」と考えることが大切ではないか?

時空の中で生きている人間が変えられるのは未来だけです。現在は一瞬にして過ぎてしまうので、その前から変える動作をしていないと手遅れです。

過去は変えられません。終わっています。

強引に記憶を消そうとしたり、曲げてしまう方がよっぽど危険な行為だろう。ならば、いっそのこと「良い形」で終わらせ次につなげた方が良いのではないか?

「今の人生が正解とすれば、…」

まずは過去が否定から肯定に変わります。次に「より良い」方向へシフトする過程となります。「次にすべきこと」は何かという発想に変わります。

悪い時こそ効果のある言葉です。

大友康平は教員免許を持ったロッカーで役者です。お笑いもやっていました。一味違いますね。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんにちは

はじめまして、Crazybowlerさん。
楽しいブログですね^^参考にさせてもらいます。

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。