スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外の海を渡る~未来を自分を考える

USA Todayに面白い記事がありました。

「人は未来の自分を予想する時に今の自分を基準に考える。時間の経過で変わりゆく自分は少な目に見積もる。」

ハーバード大学とヴァージニア大学の研究です。
生涯学習!by Crazybowler-2012/1/5 見沼代親水公園駅
(Sony Experia HDで撮影+Picasa HDR風&ポスタライズ)

思い当たる節があります。20年後の自分を想像した時に多少の老化を考慮しますが、体力も気力も思考も今のままの前提で考えていました。

実際は体力は落ち、気力も落ち、思考は時と共に大きく変わっていくはずです。

現実に20年前、今の自分自身を予言できていた人はどれくらいいるのでしょうか?少なくとも私は全くの想定外でした。

この結果を考えれば私は20年後の自分自身を正しく予想と言えるでしょう。

少なくも人が未来を予想する時に「今までに分かっていること」から推測することしかできません。その中に希望も入ってしまうかもしれません。

ただ人生は外部環境と内面の不思議な巡り合わせで成り立っています。天文学的な確率とも言える可能性があります。予想が外れて当然かもしれません。

人生は想定外の海を渡るようなものかもしれません。

ならば、想定外を前提に楽しんで航海して行きたいものです。ひとつだけハッキリと決めておくことがあります。

どこに向かって進むかです。

必ずそこに着くとは限りません。しかし、全く期待はずれの場所に到着してしまうより目指す所へ進んみ続けた方が後悔はないでしょう。

元来、予想できない未来ならばどんな嵐が来ても乗り越えられる自分になりたい!…そのために日々精進して行きたいものです。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんにちは

はじめまして、Crazybowlerさん。
ブログ読ませていただきました。
よかったら僕のブログにも遊びにきてください。
よろしくお願いします。

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。