スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗くなって来ました 第一石門 妙義山(群馬県)⑩

四、三、二、一、とカウントダウンして行きました。年越しでも、ロケットの発射でもありません。群馬県にある妙義山の石門巡りです。

中之嶽神社から登ると第四石門から第一石門へ辿る道を進みます。暗くなって来ました。やっと第一石門に到達しました。
生涯学習!by Crazybowler-妙義山 第一石門
一見して第一石門が四つの石門の中で最大級です。安定感、重量感も他の3基よりも抜けています。一言で表すとどっしりとした石門です。

間口も広くまさにゲートの様に見えます。
生涯学習!by Crazybowler-妙義山 第一石門
コントラストが激しい中で第一石門の良さを引き出す写真を撮ろうと試みました。全体像の写真が欲しい…しかし、補正をしないと表に出せない仕上がりでした。

頂点の3つコブが目を惹きます。
生涯学習!by Crazybowler-妙義山 第一石門
さらに接近しました。石門の回りには木々が生い茂っています。自然が石と木、無機質と有機質のコラボレーションを演出しています。

「スー」とした清々しい気持ちが心を満たして行きます。
生涯学習!by Crazybowler-妙義山 第一石門
日常の生活の中で見上げという動作をすることはほとんどありません。雨の降りはじめに見上げる時とか事が上手く行かずに天を見上げる時くらいかもしれません。

極稀に星空を見上げ気分転換をすることもあります。

久し振りに見上げた光景は清々しさの中にも重厚感がありました。
生涯学習!by Crazybowler-妙義山 第一石門
なぜここを第一石門呼んだのだろうか?単純に考えれば下から数えて一番目だからだろう…。しかし、逆ではいけなかったのだろうか?

四⇒三⇒二⇒一という順に面白さを感じます。一を目指して四から登るということで達成感が味わえる登山になるかもしれません。

もしかしたら、「下から順」以外にもう一つ理由があるかもしれません。

一番見栄えが良く象徴的な石門だったからではないでしょうか。

登山口から登ると第一石門は妙義山のウェルカムゲートです。

私の様に逆方向から来た人にとっては凱旋門です。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。