スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石門!自然の神秘のはずが… 第四石門、第三石門 妙義山(群馬県)⑦

妙義山でこれが一番見たかったのです!石門です。石の門というだけあって自然の神秘というイメージがありました。ごつごつとした岩場の中に巨大な石に空洞があって…。

想像力を掻き立てられました。

通常ルートを逆に進んでいたのでしょうか?第四石門にまず最初に到着しました。
生涯学習!by Crazybowler-第四石門 妙義山
意外と人工的な空間なんですね…。それが私のファーストインプレッションでした。巨大な石が見事にゲートの様な形になっています。

しかし、石門の手前はきれいに整地され休憩所までありました。

妙義山登山マップには「広場」と書かれています。少し残念に思えました。
生涯学習!by Crazybowler-第四石門 妙義山
しかし、自然の石のゲートをくぐる時に無言の力をひしひしと感じました。「まあ、よくここまで巨大な岩が見事にここまでくり抜かれるとは…。」

そこでは人知を超えた力が人知が好む形を創造しています。

やはり、何かが期待していたものと違います。整備されていなければ2倍の感動があったかもしれません。
生涯学習!by Crazybowler-第三石門 妙義山
第三石門を探しに山を下り始めました。すると、横道があり鎖が取り付けてありました。まさに岩場の登山と!少々テンションが上がります。その先に石の穴が見えて来ました。

第三石門は第四石門とはスケールが極めて小さくゲートというより洞穴(ほらあな)に近い印象でした。
$生涯学習!by Crazybowler-第三石門 妙義山
第三石門の先は急な崖になっていてロッククライミングの装備がなければ先に進める様な場所ではありませんでした。雨宿りには最適な空間です。

「ふ~ん、そんなものか。」とあっさりとした心象です。

ただ、いくら規模が小さいとはいえ四の次は三です。抜きにして二へ行くのは心情が許せません。

こんなったら第二石門に期待するしかない!…実際に期待値以上のものでした。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。