スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉チェック② 奈良俣ダム~照葉峡(群馬県)

今迄、撮れなかった写真が撮りたい!私が日々試みていることを車に例えると「軽自動車で高級スポーツカーに近い走りをする事」です。

テクニックや機械への理解を深めれは可能性は0ではありません。

ただ、どんなに頑張っても不利な条件では圧倒的に引き離されています。薄暗い曇りや雨の日です。
生涯学習!by Crazybowler-紅葉2012/11初旬 奈良俣ダム付近
前回のブログで紹介した群馬県と新潟県の県境にある谷川岳の紅葉をチェックした後に、もう一つの奥地・照葉峡へ向けて車を進めました。

関東の水瓶(ダム)はみなかみ町の奥地にあります。その一つが奈良俣ダムです。紅葉の名所としても知る人ぞ知る場所です。

紅葉はピーク!山が真っ赤になるほどです。ただ、薄暗い…。私のカメラではどうやっても全体を美しく撮る事はできません。…それならば切り抜こう!

ストロボの角度を変え、ディフューザーで光を分散させてどうにかこうにか…。
生涯学習!by Crazybowler-紅葉2012/11初旬 奈良俣ダム付近
ただ、距離があるところを撮影する時はストロボではどうにもなりません。露出を増やすしかありません。ただ、三脚が壊れていて、一脚で息を殺しての撮影です。

本当は三脚で固定してレリーズで遅いシャッターを切るのが一番なんですけどね…。
生涯学習!by Crazybowler-紅葉2012/11初旬 照葉峡
さて、場所を移動して最終目的地の照葉峡に到着!今度は一脚で息を殺しながら、連写モードでブレのない一枚を撮りに行く作戦です。

照葉峡は知る人ぞ知る紅葉の名所です。様々な色の紅葉をフレームに閉じ込める事のできる場所です。

「時期がもう数日早ければな~」

…葉が落ち切っている木が目に付きます。それでも名所だけあり見栄えがする紅葉です。来年は晴れた日のベストタイミングを狙って撮影に来たいものです!
生涯学習!by Crazybowler-紅葉2012/11初旬 照葉峡
私のデジカメはPanasonicのDMC-FZ150です。「1/2.3型 高感度MOSセンサー」で今の時代では最小のCMOSを搭載するコンデジです。

レンズは広角から望遠が効くズームレンズです。一応ライカ製です。
「光学24倍ズーム f=4.5-108mm(35mm 判換算: 25-600mm)/ F2.8-5.2」

…明るい場所で広角で撮影すればどうにかある程度のクオリティーを保てます。しかし、望遠を使い過ぎたり薄暗い場所では弱点を露出します。

「フルサイズCMOSのデジタル一眼+明るいレンズ」の組み合わせならば全て解消するばかりかコンテストに堂々と送れる写真が撮れます。

プロ並みの機材をそろえると数百万円コースです。人生を賭けてやる?

大昔、アメリカの大学で写真学科にいました。しかし、あと1学期という所である教授にクラスの中で侮辱され大喧嘩をして英文科へ選考を変更しました。

あのまま残っていればカメラマンになっていたのだろうか?写真を撮れば撮るほど得体の知れない願望がジワジワと湧き上がって来ます。

少しずつ撮影の感覚が戻って来ているので尚更です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。