スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛酸はエナジー 萩城と人財 萩城跡(山口県)①

歴史的に大きな革命を成就した割に寂しい外観です。山口県の萩城跡です。幕末に維新の志士を排出した地でもあります。長州閥と言われ明治政府以降、日本政治に多くの人材を供給しました。

山口県は8人の首相を排出して断トツです。
1位 山口 8人
2位 東京 5人(菅直人は山口県宇部市生まれ)
3位 群馬 4人
3位 岩手 4人(東北で唯一首相輩出県)

もし、次の選挙で自民党が勝ち安部晋三が首相が誕生しても2度目なので山口に人数は加算されません。その次はどこの県なのでしょうか?
生涯学習!by Crazybowler-萩城 天守閣跡
長州藩は265年間続いた江戸時代の幕を閉じ、欧米列強と戦える国造りをした明治時代の原動力でした。しかし、この場所に立つと意外性を感じます。

日本海側の山口県という静かな場所から革新的な人材が輩出された事です。

人財が排出される環境とは「場所」よりも「誰」がいたかによって変わるのでしょう。その一人が吉田松陰だった事は間違いありません。

萩城は1874年(明治7年)に廃城令により天守・櫓などの建物を破却されました。寂しい城跡です…。
$生涯学習!by Crazybowler-萩城 本丸へ
萩城は平山城であり海城でもあります。北に日本海、西に橋本川、東に阿武川と水に囲まれた三角州に作られた城です。本丸は日本海に突き出る指月山(しづきやま)の麓にあります。

指月山は標高143mあります。

登ると詰丸(要害)があるそうです。山の上にももう一つの本丸、二の丸があります。籠城用なのでしょう。江戸時代に入ってからできた城ですが戦闘を意識した設計になっています。

大きな地図で見る
明治維新、城の設計に関する所以は関ヶ原の戦いまで遡(さかのぼ)ります。豊臣時代の毛利家は中国地方10国と九州の一部を領地に持つ120万5000石(実際は200万石超え?)の大大名でした。

関ヶ原の戦いで西軍側に付いていましたが、毛利から分家した吉川家が東軍側に寝返ることによって毛利の「所領安堵」の約束を取り付けてありました。

しかし、戦後になり毛利家が積極的に西軍で活動していた記録が出て来てしまい「減封処分」が下されました。長門、周防の2国のみになり36万9411石まで減らされてしまいました。

実は江戸時代の初頭に53万石程度あったそうです。西軍側だった外様大名が隣の広島藩(49万石)より多いのはおかしいと言うことで7割で公表されていました。

その後、新田開発を進めた長州藩は幕末には100万石を超えていたと言われています。

薩長同盟まで敗戦続きの逆境を覆すメンタルは265年間の辛酸と我慢から生まれたものかもしれません。その時々にやるべき事をやり、人を育つ環境があったからこそでしょう。

今の山口県は県民曰く「保守的」だそうです。

それも明治以降の長州閥から生まれたものでしょう。置かれた状況という環境が人の成長やエネルギーを変化させるのでしょう。

まだ、辛酸をなめても悲観する事はありません。明日へのエナジーになります。

それにしても萩城は閑静な場所です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

もう10年前くらいになりますが、旅行で行きました。すごく、歴史の空気を感じたことを思い出しました。

2 ■こんにちは。

はじめまして、ちょこと申します。24歳女子、六本木でOLをしています。色んな方と交流したいと思っています。今日はあいさつのためコメントさせていただきました。また訪問させていただきます♪これからもよろしくお願い致します。

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。