スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの力 初表彰台!小林可夢偉 2012F1日本GP

8年振りに見ました!F1で日本人が表彰台登る姿です。22年振りです。鈴鹿サーキットで日本人がF1の表彰台に登ったのは!25年間見続け3回というレアな喜びです。

日本人の歴代表彰台
1990年 日本GP3位 鈴木亜久里
2004年 米国GP3位 佐藤琢磨
2012年 日本GP3位 小林可夢偉

中堅チーム・ザウバーをドライブする可夢偉の3位は価値があります。奇策でなく、王道的な戦略、戦術で上位チームの戦いに食い込んだからです。

背後からプレッシャーにも冷静さを失わず目標に向かって正確にドライビングした結果です。
生涯学習!by Crazybowler-2012F1日本GP 小林可夢偉
F1はドライバーが注目されがちですがチーム力の土台がなければ戦いになりません。今回は可夢偉の母国GPということもありチームがかなり頑張った様です。

2012日本GP
1位 S.ベッテル(レッドブル)
2位 F.マッサ(フェラーリ)
3位 K.小林(ザウバー)

チームの不手際で何度かチャンスを逃した可夢偉に対しては特別だったでしょう。前走のシンガポールGPではマシンがおかしくまともに走れる状態ではありませんでした。
生涯学習!by Crazybowler-2012F1日本GP 小林可夢偉
このレースで2012年のチャンピオンシップの行方が分からなくなりました。

スタート直後の1コーナーでF.アロンソ(フェラーリ)がリタイアして、S.ベッテル(レッドブル)が優勝した事により29ポイント差が一気に4ポイント差に縮まりました。

2012F1チャンピオンシップ
1位 F.アロンソ 194+0=194P
(3勝、表彰台7回、ポイント獲得率86.7%)

2位 S.ベッテル 165+25=190P
(3勝、表彰台6回、ポイント獲得率80.0%)

3位 K.ライコネン 149+8=157P
(0勝、表彰台6回、ポイント獲得率93.3%)

4位 L.ハミルトン 142+10=152P
(3勝、表彰台6回、ポイント獲得率73.3%)

F1の上位チームではシーズン中も常に車を改良しています。

レッドブルは車のアップデートに成功しており残り5戦で優位に立ったと言えます。一方、フェラーリは今後のアップデートの予定も少なく厳しい戦いになりそうです。
生涯学習!by Crazybowler-2012F1日本GP 小林可夢偉
F1はチームメイトと戦いもあります。小林可夢偉のチームメイトは今季3回の表彰台に登り来期は上位チームのマクラーレンへ移籍が決まっています。

ザウバーのチームメイト・バトル
10位 S.ペレス 66+0=66P
 (2位2回、3位1回、6位1回…、ポイント獲得率46.7%)

11位 小林可夢偉 35+15=50P
 (3位1回、4位1回、5位1回、6位1回…、ポイント獲得率46.7%)

ペレスがスピンしてリタイアしてポイント差を一気に縮めました。2012年の可夢偉は予選のパフォーマンスでペレスを上回っているがレースで不運が続きました。

一方、ペレスは戦略的に難しいレースでタイヤの使い方が上手さを武器に幸運を呼び込みました。

運は実力の内!?…そうならば、可夢偉に残り5戦でペレスの表彰台回数に並んで欲しいのがファンとしての期待です。

ポイントでペレスを逆転すれば上位チームでドライブする資格があることを証明できます!

世界トップクラスで戦う人を研究しています。一般の生活や仕事と何が違うかが分かって来ました。

①強烈なメンタルタフネス
②精度の高い技術
③飽くなき向上心

これらは私自身も身に付けようと日々努力しています。簡単ではありません。小林可夢偉の表彰台は3つの重要性を再認識させてくれました。

今から、また頑張ろう。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。