スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者が最後に強く 全日本女子バレーボール眞鍋監督続投

眞鍋監督続投です!ロンドン五輪で全日本女子バレーボールを28年振りの銅メダルに導いた立役者です。実は続投すると思っていました。理由はやり残したことがあるからです。

チーム成績4部門で1位を狙う
<結果>
1位 サーブ
1位 ディグ
4位 サーブレシーブ
?位 ミスの少なさ

ミスの少なさは公式統計がないので一先ず無視します。サーブレシーブが4位というのが残念です。もし、ここも1位ならば決勝に行っていただろうか?

「4つのチーム成績1位=金メダル」という成功要因の図式だったはずです。これはやり残しに他なりません。ちなみに1位はブラジル、2位イタリア、3位ロシアと高身長チームが占めています。
バレーボールは眞鍋に学べ!―全日本女子眞鍋政義監督初のテクニカルブック (日本文化出版ムック)/日本文化出版

¥1,200
Amazon.co.jp

この本は五輪最終予選最中の2012年5月22日に発売されました。私も会場で入手しました。2009年に始動した眞鍋体制の話、プレーの解説とアドバイスが主な内容です。

入門書としては良いかもしれません。

話を戻して監督を再度受ける事にした理由として会見でこう話していました。

「今いる選手で、リオデジャネイロで一番輝くメダルに届くだろうかということも踏まえて悩んだが、いけるだろうと考えて決めた。」

リオ五輪への道程は厳しいながら金メダルを目指せるという結論(直観?)は頼もしく感じます。こう言う「ピピ!」と来た事は今後の原動力になるでしょう。
生涯学習!by Crazybowler-女子バレー2012OQT 日本vsロシア
「来年からメンバーが変わってくると予想している。」とも言っていました。

ウィングスパイカー:木村、江畑、新鍋、迫田、石田+?
年齢的に山口選手は外れるとして、他は新星が出て来ない限り現行メンバーが継続では?木村沙織選手がトルコリーグに移籍してさらに成長すれば全日本女子の未来は明るいだろう!

ミドルブロッカー:大友、井上→荒木、岩坂、?
年齢的にベテラン2名が外れ荒木、岩坂へと引き継がれるでしょう。ただ、安泰という訳でなく若手の台頭が一番ありそうなポジションでしょう。

リベロ:佐野→座安、?
佐野選手は引退するらしいので運動神経抜群な座安が有力候補。他に誰か現れるのか?

セッター: 竹下→中道
竹下選手は代表引退は明言しているので予定通り中道選手に引き継がれるはずです。ただ気になることがあります。
生涯学習!by Crazybowler-女子バレー2012OQT 日本vsロシア
スポルトで放送されていた話ですが監督就任会見で「大型化」を考慮する話があったそうです。世界の大型化は著しく平均身長で10㎝離された状態では常に厳しい戦いになります。

そう言えば186㎝の狩野選手がかつての名セッター中田久美・現久光製薬監督の元でセッターに転向します。大型化と関係がありそうな匂いがします!?

狩野選手が以前久光製薬に所属していた時は眞鍋監督でした。本人も転向に際して「色々な人に相談した」と明言していました。

絶対に眞鍋監督にも相談しているはずです!コンバートが成功するか?は分かりませんが楽しみな話です。

…「ロンドンの後はアジアカップに行っていたので、これからロンドンオリンピックの総括をして、目標は来年度の記者会見で語りたい」と眞鍋監督は会見で言っていました。

全日本女子のデータバレー使いこなし術と分析力は世界でも屈指のレベルにと到達しようとしています。身長の不利をバネにした結果だと思います。

リオ五輪で金メダルを獲るための戦略がどの様に打ち出されるか注目です。

私が分析した結果では眞鍋監督はビジネス界でも通用するマネジメント能力の持ち主です。新戦略と人事(スタッフと選手)に注目!

なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか―勝利をつかむデータ分析術 バレーボール「観戦力」.../東邦出版

¥1,500
Amazon.co.jp

2012年5月28日 第1刷発行

この本は2011年11月の世界選手権で全日本女子が32年振りにメダル(銅)を獲った後に出版されたものです。この本はアナリストの渡辺啓太氏の著書です。

全日本がデータを取り入れ、活用し強くなったかが分かります。そして、常に進化させようという姿勢が貫かれています。

ビジネスもスポーツもデータ崇拝は良くありませんが、データの最大限有効活用は最大の頭脳と武器になります。

データ崇拝の対極にあるのが現場です。三現主義(現場・現物・現実)という言葉に代表されます。会社の管理職と違い、スポーツの監督は現場のリーダーだから問題はないでしょう。

弱者が強者に勝つ手法は多くの人にとって参考になることでしょう。

恐竜の時代に弱者だった哺乳類が生き残り繁栄した現代と重なる思いです。整然競争に勝ち残るための創意工夫が弱者を最終的に強くすると信じています。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。