スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の適当料理研究家NEWS速報!2012夏の総括

男の適当料理研究家NEWS速報です。男の一人暮らしで食事は一つのハードルです。「健康でいたい」、「簡単に作りたい」、「旨い物が食べたい」という「男の1一人暮らし基本三大願望!?」を満たすための努力をしています。

加えて次のニーズも満たす必要があります。

①低コスト(外食を避け自炊しても苦でない)
②保存性(急な出張もOK!)
③自己啓蒙(料理は段取り工夫が大切!仕事に役立つ!)

すべてを満たす事が男の適当研究家の使命です。
生涯学習!by Crazybowler-塩こうじ鳥の胸肉
まずは100g29円の鳥の胸肉です!こんな安くて旨い肉を食べない理由はありません。世間一般ではパサパサボロボロのイメージが強いのですが解決策があります。

今週になってベストな状態が分かりました。3日です。

「塩こうじ揉み鳥の胸肉」
①鳥の胸肉を1口サイズに切る
(筋を見極めるべし!筋に対して垂直に切る。)
②ボウルへ入れ塩コショウで万遍なく揉む
(塩コショウが万遍なく行き届かせること!)
③次に塩こうじを入れてさらに揉む
(同じく万遍なく行き届かせる。クチュクチュ言うくらい揉む。)

3日程度冷蔵庫へ置くと肉の繊維が溶けて固まります。この食感は堪らない!

「保存力」、「旨みの活用」が違います!
・鳥の胸肉はうまみ成分が多く「塩こうじ揉み鳥の胸肉」すれば煮物にしてもおいしく食べられます!
・コショウは大航海時代のころは肉の保存のために使われていました。
・塩も歴史的に食物の保存のために使われています。

○食べる時の注意点
繊維の筋の沿ってほぐしながら食べる
(雑に食べると繊維の良さが活かされません!)
生涯学習!by Crazybowler-キムチの素 きゅうり、大根
夏の間、塩揉みしたキュウリを食べていました。そろそろ、飽きて来ました。スーパーでキムチの素を買いました。キュウリと大根と混ぜて冷蔵庫に入れておきました。

「超簡単キュウリと大根のキムチ」です!これは簡単だしバリエーションが発展しそうで期待大。
生涯学習!by Crazybowler-鍋インスタントラーメン
最後に「鍋インスタントラーメン」です!鍋ラーメンという商品は冬の食卓に浸透して来ました。鍋と言うと、「メイン→シメ」という黄金パターンがあります。

男の一人暮らしに必須食材インスタントラーメンをこのパターンに当てはめてみました。

「鍋インスタントラーメン」
①水から入れるもの(出汁が出るものと根もの)
 にんにくチップ 適量
 唐辛子輪切り 適量
 千切りした生姜 適量
 冷凍したえのき 適量
 玉ねぎスライス 適量
 (時々長ネギを使用)
 人参のスライス 適量
 高野豆腐 1
②煮立ってからいれるもの
 「塩こうじ揉み鳥の胸肉」
 青物野菜てんこ盛り
  (キャベツ、オクラ、インゲン、ニラ、など季節の野菜)
③大どんぶりに入れてまずは楽しむ
④麺を別にゆで、水切りしたものを残った汁に入れる。
 (時々、キャベツのスライス、卵などを足す。)

暑い夏の間、ずっと食べていました!バリエーションに変化を加えられ長く楽しめます。ちなみに私が主に使用するラーメンはスーパー最安値(5食入り178円)の塩ラーメンです。

油が入った袋がないことで余計な油を意外とヘルシーです。別に高いラーメンでなくても大丈夫です。

以上が男の適当料理研究家として夏の成果を報告しました。これから秋、冬と季節が変わります。健康でありつつ、旬の食材を活用して行きたいと思います。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。