スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ彼は語り継がれるのか? 高杉晋作の墓 東行庵(山口県下関市)①

高杉晋作…明治維新を語る上で必ず登場する人物です。頭にポッと浮かぶのは「騎兵隊」です。様々な身分の人を集め常備軍を作った人物です。

また、長州藩を討幕へ傾かせた人物と言われています。

明治維新の立役者の一人なのです。しかし、私の中ではどれだけ重要な人物か理解できていませんでした。
$生涯学習!by Crazybowler-東行庵 高杉晋作の墓
山口県下関市吉田にある東行庵へ行きました。高杉晋作と騎兵隊隊員の墓があります。晋作の墓には「東行墓」と刻まれています。東行とは晋作のことです。

当時の人は色々な名前を持っていました。

諱(いなみ):春風
通称:晋作、東一、和助
字(あざな):暢夫
号:初め楠樹、後に東行と改める

諱(いなみ)は本名のことで君主、主君のみが呼ぶことを許された名前だそうです。普段は字(あざな)、通称で呼ばれます。号は知識人、文化人に用いられた呼び名です。(政治的指導者も含む)

「氏」と「名」のみになるのは明治3年に新しい戸籍法が作られまでです。つまり、東行庵は晋作庵ということです。
$生涯学習!by Crazybowler-寄進の灯籠 東行庵
お墓の横にある何気ない灯籠です。寄進した人物名が標識に書かれていました。

大江孝允 後の木戸孝允
源馨 後の井上馨
越智博文 後の伊藤博文

木戸孝允と言えば西郷隆盛、大久保利通と合わせ「維新の三傑」に上げられる人物です。そして、近代国家の礎を作った人です。

木戸孝允は桂小五郎として知っている人も多いかもしれません。

井上馨は実業界を通じ伊藤内閣で外務大臣、農商務大臣、内務大臣、大蔵大臣も歴任した人物です。伊藤博文は誰もが知る初代総理大臣です。

「勝てば官軍」と言ってしまえば元も子とありませんが、明治の大物がこぞって晋作に敬意を示しています。今風に言えばリスペクトする対象です。
$生涯学習!by Crazybowler-東行庵
ちなみに第3代、9代内閣総理大臣の山縣有朋は騎兵隊時代に晋作の部下でした。もともと東行庵は山縣有朋が立てた「無鄰菴」でした。

晋作は騎兵隊の本拠地(赤間神宮)から近いこの場所に葬られました。晋作の死後に出家した愛人「おうの(谷梅処)」に山縣有朋は「無鄰菴」を贈りました。
$生涯学習!by Crazybowler-東行庵 おうのの墓
それが「東行庵」のはじまりです。「おうの」はこの地で晋作を弔い続け69歳で亡くなりました。墓は晋作の近くにあります。生死を晋作と共に潜り抜けたパートナーだったそうです。

明治に近代日本の礎を作った人物達がリスペクトの対象にした高杉晋作という図式が見えました。しかし、まだピンと来ていない部分があります。

具体的に何がどのように彼らに影響をもたらしたのか?私がまだ高杉晋作の事をよく知らないからかもしれません。

この東行庵のブログを書きながら探って行きます。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。