スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化する「流しそうめん2012年型」! カーブ型&テーブル型立体交差ダブルレーン

常に進化を求めています。ただ真っ直ぐな流しそうめんの上を行くものは何か?カーブ、立体交差、卓上、切換えスイッチ、ループ…様々な妄想が浮かびます。

2012年型流しそうめんはカーブ型&テーブル型立体交差ダブルレーンです。

4連式カーブ型レーン:全長10.65m
3連式卓上型レーン:全長7.90m

生涯学習!by Crazybowler-流しそうめん 2012年型
今年は竹の切り出しを行いませんでした。過去2年でに使った竹が屋根裏に良い状態で保管されていたからです。日光に当てなければ意外と長持ちします。

ここでは2012型について説明をするので基本的な作り方はこちらのリンクから見てください。2012型は基本技術の応用です。。
流しそうめん 作り方 前編
流しそうめん 作り方 後編

切り出しの時間がセーブできたので流しラインの工夫に充てました。
生涯学習!by Crazybowler-流しそうめん 2012年型
流しそうめんのポイントは「勾配」と「接続」です。水の勢いがそこそこあれば緩い勾配でもそうめんは流れて行きます。いとこの案で卓上式そうめん流しが生れました。

卓上式は木片の組み合わせで完成しました。
$生涯学習!by Crazybowler-流しそうめん 2012年型
高さの違う木片に長い釘を打ちガイドを取り付けました。その間に竹のレールを並べて行きます。排水溝にレーンを導くために別レーンの合流点でフック付きゴムで提(さ)げました。
$生涯学習!by Crazybowler-流しそうめん 2012年型
卓上型レーンとは別にカーブ型レーンも作りました。竹の組み合わせを考えながら接続部分で徐々に蛇行させ排水溝まで引っ張って行きました。

卓上型が人気でカーブ型レーンを使うことはありませんでした。ちょっと、寂しかったな~。
生涯学習!by Crazybowler-流しそうめん 2012年型
冷静に分析してみると一目瞭然でした!

流しそうめんレーン対決!
卓上型レーン vs. カーブ型レーン

①座って食べられる
 (人数的に便利な卓上型で十分だった。10人以上なら立って食べられるレーンが必要。)
②テントの下にあるか?
 (卓上型はテントの下、カーブ型はテントの外にあった。)
③高さ
 (卓上型レーンは高さが丁度良い。カーブ式は高過ぎる所もあり使える場所が少ない。)

ちなみに卓上型には大きな欠点があります!座る場所と利き手が合っていないとそうめんが掴(つか)み辛くなります。右利きなら上流から見て右側に座ることです。

右利きが多い世では右側のレーンに人が偏ってしまう…。
生涯学習!by Crazybowler-流しそうめん 2012年型
来年への改善点は考えてみました。

①カーブ型(立ち食い)レーンもテント内を通す。
②利き手に左右されない2レーンの組み合わせ。
③両レーンに水が同時に且つ均等に流れるバイパス作り
(…バルブ付き貯水タンクの開発)

流しそうめんも突き詰めると色々なアイディアが浮かび楽しいものです。食べている人のニーズをよく見て聞いていれば何が必要か分かって来ます。

やり辛いという点は自分でも体感して見ると実感できます。

商品開発の様ですね!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。