スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝戦の相手決まる! 女子バレーボール ロンドン五輪⑩

やはり決勝戦はアメリカです。ロンドン五輪女子バレーボールの準決勝で大躍進中の韓国チームは世界ラインキング1位のアメリカに食い下がるも完敗でした。

決勝戦ならアメリカ、3位決定戦なら韓国と先に相手が決まりました。
$生涯学習!by Crazybowler-みなかみ夏2012
(みなかみ町後閑 2012夏)

アメリカv 3-0 韓国
(25-20、25-22、25-22)
スコアラー
 米国;フッカー24、ラーソン16、アキンラデウォ14
 韓国;キムヨンギョン20、ソンイハン13

アメリカがエース対決、センター対決でも勝り韓国をストレートで下しました。世界ランク1位対13位なので勢いがある韓国でも頭一つ抜け出しているアメリカを負かす事はできませんでした。

サーブ    ●韓国1.00 ○米国1.67
レセプション ●韓国55.22% ○米国67.74%
セット    ●韓国13.67 ○米国16.00
スパイク   ●韓国27.00% ○米国40.00%
ブロック   ●韓国1.67 ○米国3.67
ディグ    ○韓国11.00 ●米国:10.00
ミス     ○韓国9 ●米国13
※下線は大きな差が開いた項目

韓国の攻撃力もアメリカには効果がありませんでした。韓国も粘り強くつないだことがデータからも分かります。逆に言えば日本がアメリカと対戦する際に粘り強いだけでは歯が立たないということです。

サーブ、レセプションで確実に上回り、スパイク、ブロックで遜色のないプレーが求められます。

日本の準決勝が近づいて来ました!

ブラジルと韓国の倒し方は似ていると思います。「相手の歯車を狂わす」ということです。どちらのチームも勢いに乗せると止まらない特徴を持っています。

同時にミスも連鎖します!!

アメリカを負かすには加えてプレー・バイ・プレーのクオリティーが求められます。1球なりとも無駄なプレーがあってはなりません。目的不明なプレーからのミスは厳禁です

なぜなら、アメリカの個々のプレイヤーが世界トップ水準だからです。そして、チーム力も兼ね備えています。その生みの親は男子チームを金メダルに導いた事のあるマッカーチョン監督です。

この監督はかなりのやり手ですから要注意です!

日本チームのピーキングは上手く行っている様です。準決勝はさらに上げられるでしょう。ゾーンに入ればブラジル、アメリカに連勝することも可能でしょう。

「鬼神」がプレイヤーの背後に現れる様なイメージです。

具体的には2012ワールドカップでブラジル、アメリカをストレートで下した時の様なイメージです。

条件さえそろえば一番輝くメダルが正夢になっても何の不思議もありません。

今晩はBSが見れない場所にいます。悲劇です。しょうがないので「なでしこジャパン」の決勝を見ながら、ロンドン五輪公式サイトで文字によるLiveを楽しみます。

リアルタイムデータも見れます。生中継と一緒に見れば2倍楽しめます!

金曜日は仕事が終わったら速攻帰り、録画を見ながらブログを書きます。

「なでしこジャパン」の様に「日本vsアメリカ」の決勝が見られますように!

ほいじゃ

P.S. キーワードは「36年振り」です!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。