スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無難にストレート勝ち!次への課題は? 女子バレーボール ロンドン五輪④

是非とも花を咲かせて欲しいものです。ロンドン五輪女子バレーボールで全日本代表は2勝目を挙げました。これからの興味は何位通過になり、準決勝の相手がどこになるかです。

日本(5位) 3-0 ドミニカ共和国(11位)
(25-20、25-19、25-23)
チームレシーブ効果率:77.78%
スコアラー:江畑14、木村13、大友9、山口8

スタメン S6ローテ
江畑 山口 井上
大友 竹下 木村 L:佐野

日本が銅メダルを獲った2010世界選手権のベストメンバーで来ました。ゲームスコアーから見ると無難なストレート勝ちでした。これで予選2勝1敗です。
$生涯学習!by Crazybowler-みなかみ夏2012
(みなかみ町後閑 夏2012)

<個人的な評価>
山口 OP ◎ アタック決定率NO.1。攻撃を拡散するのに貢献!
江畑 WS ◎ 緩急を付けたアタックで決めて欲しい時に決めた!
竹下 S  ○ 攻撃を散らせた。過不足ない闘志でチームを引っ張る。
佐野 L  ○ 仕事をした。もっと、上げられるはず。
井上 MB △ ブロックが中々決まらなかった。まだ、上げられる。
大友 MB △ 攻撃面では良いが、ブロックなし、サーブミスが痛い。
木村 WS × アタック決定率18.18%と低迷。一発で決まらないエース…。守備面では大貢献!

番外編
狩野 WS ○ 久し振りに「バッシ」と決まるスパイクがあった。

この内容でストレート勝ちできたのは頑張った選手がいた事と相手との実力差からだと思います。守備で相手のエースを封じることができました。

また、攻撃は拡散でき山口、井上のWワイドなどコンビプレーが光っていました。

しかし、ロシアと同じ内容で戦ったら負けるでしょう。ギアを2段階くらいアップするくらいの調整が必要です!ここが予選の最大の山場だと思っています。

<日本チームの課題>
①ミドルブロッカー陣のブロックが決まっていない。

各試合のキルブロック数
1戦目:大友0、井上1、荒木1、MB以外4
2戦目:大友1、井上1、荒木0、MB以外3
3戦目:大友0、井上2、荒木-、MB以外3
MB 6-10 MB以外(MB=ミドルブロッカー)

ミドルブロッカー以外のキルブロックの数が目立つ結果になっています。2010世界選手権の時はここぞという時に決まり、井上選手がブロックランキング上位にいました。

②エース木村
ロンドン五輪のイタリア戦、ドミニカ戦を見る限りエースの座を江畑に奪われたと言われていてもおかしくありません。得点でも常に江畑が上を行っています。

「エース=決めて欲しい時に決める選手」と考えるならば今は江畑です。

木村選手の心の中の問題だとと思います。ある意味、次の段階にステップアップする前のプラトー(高原)で足踏みしているのかしれません。逃げずにロンドン五輪で壁をぶち破って欲しい!

<気になる点>
日本のレシーブは良くなっていますが他のチームはもっと良くなっています。

第2戦終了時のベストレシーバーランキングでは1位~9位までが80%以上です。日本選手は10位佐野(78.95%)、13位木村(76.92%)です。

ロシア、アメリカ、イタリアの3国は9位以内に2名ずつの選手が入っています。トップはブラジルのフェルナンダ選手で84.44%です。

数字が異常に良いのは各チームがレシーブが勝敗のポイントになる事を理解し準備してきたからだと思います。サーブで崩すのは想像以上に厳しい戦いになるでしょう。

アタック力が落ちる日本は守備面をさらに上げて行く必要があります。

<予選Pool Bの状態>
日本は現在、予選Pool Aの3位です。上には先日負けたイタリアとロシアがいます。日本は2,3位通過になるでしょう。2位、3位ならPoolBの2,3位と当ります。

①中国   勝ち点6 2勝0敗 セット率3.000 得点率1.211
②アメリカ 勝ち点6 2勝0敗 セット率3.000 得点率1.178
③韓国   勝ち点3 1勝1敗 セット率1.000 得点率1.024
④ブラジル 勝ち点2 1勝1敗 セット率0.800 得点率0.980
⑤トルコ  勝ち点1 0勝2敗 セット率0.500 得点率0.894
⑥セルビア 勝ち点0 0勝2敗 セット率0.333 得点率0.780

世界ランク2位のブラジルは優勝候補であり世界ランク1位のアメリカと対戦をして負けたため見かけの上4位です。アメリカが抜けだせば2,3位は中国、ブラジルとの揉み合いになるでしょう。

日本の準決勝の対戦相手は中国かブラジルになりそうです。次は苦手なロシア戦です。ギアアップしてロシアを撃沈して欲しいものです。

鍵はエース木村の攻撃力復活とミドルブロッカーのブロックです!

ほいじゃ

P.S. 

日本の速い攻撃の落とし穴

日本は速い攻撃は相手が慣れれば決まらなくなるでしょう。球技の基本は緩急とコースです。速い攻撃は緩い攻撃、コンビプレーとの組み合わせが大切です!

高校野球でも相手投手の160km/hの剛速球に対策して見事撃破したチームがありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。