スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その坂、私のタイプです。 異人坂(文京区) 不忍通り沿いを行く①

坂が好きです。理由は色々あります。

①山が好き
②健康に良い
③登る時に生きている感じがする
④人生を感じる
⑤めぞん一刻で見た印象的な坂

坂マニアにとって文京区は最高の土地柄です。本郷台地と上野台があり坂が多く存在します。特に上野の不忍池から北へ伸びる不忍通りは格別です。

今は暗渠※となった谷田川が流れた谷底です。
※暗渠(あんきょ)=地中に埋設された河川や水路のこと

通りの両側にはいくつもの坂が上へと伸びています。また、文京区は坂に案内板を設置していることから歴史や由来もその場で分かります。

大きな地図で見る
私が一番好きなタイプは細くクネクネと登り途中で180度旋回する坂です。「クネクネ、グイ」です。ずっと、私好みの坂を探していました。

ある日、根津の裏道を適当に歩いていると発見しました!

大きな地図で見る
異人坂です。地図を見ると分かりますがまさに「クネクネ、グイ」と曲がる私好みの坂です。由来は明治の頃に外人をよく見かけた坂だったからです。

場所:文京区弥生2丁目13番 北側
長さ:約130m程度?(どこが坂の始まりで終わりか?分かりません。)
生涯学習!by Crazybowler-異人坂(文京区)
東京大学に近い事もありお雇い外国人教師の官舎がありました。日本の医学、温泉研究を発展させたベルツ先生(ドイツ)も住んでいました。

外国人の多くは不忍池や上野公園の散策を好み坂を通り散策へ出かけていたそうです。
生涯学習!by Crazybowler-異人坂(文京区)
上の写真が異人坂で私が一番気に入っている所です。180度一気に旋回する場所です。ここがどうも「めぞん一刻」に出てきた坂に似ている様な気がします。

問題はどのシーンだったのか忘れたことです。私の空想だったのか?勘違いだったのか?
生涯学習!by Crazybowler-異人坂(文京区)
この折り返しにロマンを感じる人は私だけでしょうか?そうかもしれません。それでもいいんです。私はそれで幸せだから!
$生涯学習!by Crazybowler-異人坂(文京区)
最近、色々なことに気付きました。幸せになるには「比較」しないことです。他人の状況を知っている事と、比較する事は全く違う次元です。

比較をすれば上昇時に慢心や傲慢を産み、下降時に絶望や妬みを産みます。

他人がどう思おうがと自分が幸せに思える物事に目を向けることです。「あるがまま」を楽しむ生き方ということかもしれません。

坂で幸せになる変な奴?どこかで読んだ話です。

「大きな事で人が幸福になることはほとんどない。小さなことに幸せを感じられる人が幸福な人です。」

ちょっと深くなりましたが…私好みの異人坂の話でした。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。